大切なのは足首!足元をあたためて、目指すは痩せやすい体質

冬は冷え性の方にとっては厳しい季節。いくら着込んでも寒い、どんなにお風呂に入っても手先・足先が冷たいという方は、冷えを招きやすい生活習慣をしている可能性があります。

実は、冷えに悩む方は痩せにくい傾向にあるのだとか。冷えを改善するコツをつかめば、体の代謝がアップして、将来的にダイエット成功につながるかもしれません。今年は本気で冷えを改善したいという方におすすめの方法をご紹介します。

冷えを招く生活習慣とは?

毎日の生活で冷えを招いていませんか? これらの習慣は冷え症の人に多いといわれる生活習慣です。

・姿勢が悪い

猫背のような姿勢の悪さから骨盤のゆがみが生じ、血液の循環に影響を与えている可能性があります。血流の悪さは冷えの大きな原因のひとつ。足を組んで座る、または片足に重心を置いて立つなど、ゆがみを招く姿勢や行動は極力控えましょう。

・生活リズムが不規則

冷えに悩む人に多いのが、生活リズムの乱れです。覚醒作用のあるホルモンは明け方から分泌され始め、夜間は分泌量が少なくなると考えられています。ホルモンの分泌とともに人間の体温も変化するため、生活時間が乱れると血の巡りも滞ってしまいがち。夜はできるだけ12時ぐらいまでに寝て、規則正しい生活を心がけましょう。

・生野菜をよく食べる

ダイエットしたいからといって生野菜のサラダを積極的に食べていませんか? 実はキュウリやトマトなど生で食べられる夏野菜は体を内側から冷やすといわれています。一方、カボチャや大根など根菜類の冬野菜なら体を温める働きがあるそうなので、冷えやすい方は生野菜よりも温野菜を食べるようにしてみてください。

重ね着より効果的!? 足首を温めて冷えを撃退

生活習慣を見直せば瞬く間に冷えが軽減するわけではありません。寒いからといって重ね着をする方も多いと思いますが、上半身を温めるだけでは単に寒さが軽減するだけで、肝心の「冷え」を取ることにはなりません。

特に足先が冷えると全身の血液の巡りが悪くなり、体温が下がるため、全体の冷えにつながりかねません。体を温めるにはまず足元を温めることが大切です。特に「足首」は血液循環のかなめ。積極的に温めて冷えを解消し、代謝アップを目指しましょう。そこで、「足首」を温めるために日常生活で取り入れられるポイントをまとめてみました。

1.足首を積極的に動かす

冷えは血行不良の原因となりやすく、女性の場合、特に下半身に冷えの悩みを抱えている方が多いことでしょう。寒いからといって家の中でじっとしているのではなく、歩いたり足首を動かしたりして足先まで血液を巡らせることによって、根本的な冷えの改善を目指しましょう。特にお風呂上がりの温まった状態で足首を回したり上下に動かしてみてください。

2.家の外ではブーツ、中では厚手の靴下

家の外ではムートンブーツだから大丈夫、という方も帰宅後はストッキングやタイツのままで過ごすことが多いようです。家の中ではできるだけ厚手の靴下を履きましょう。また、ムートンスリッパなら見た目も可愛く、足元はポカポカと上質な暖かさを味わえます。

WQ0099f7.jpg

3.「足首ウォーマー」を使う

足首ウォーマーとは、名前の通り足首を中心に温めるもの。冷えに効くといわれる足の4つのツボ(三陰交、湧泉、気端、行間)を温めることで効率よく全身が温まるそうなので、足首ウォーマーを活用してみましょう。遠赤外線を発するものや締めつけないタイプなど、最近はさまざまな種類が出揃っているので、一度は試してみたいですね。

足首を温めて冬を乗りきる!

冷えを招く生活習慣を見直すと同時に、足首を集中的に温めることで、長年悩んでいた冷えから解放されるのではないでしょうか。「ムートンスリッパ」や「足首ウォーマー」などの冷え対策グッズも賢く活用して、代謝をアップさせれば痩せやすい体質も夢ではない!? ぜひ楽しく冷えを撃退し、冬を乗り越えましょう。

 

文:山下希代 Yamashita Kiyo

アメリカ・ワシントン州在住。食品メーカーPRなどを経て国際結婚後、東京、韓国、そしてアメリカに渡る。日本語教師資格をもち、英語とスペイン語が堪能。現在は育児のかたわら食品・美容を中心としたテーマを執筆中。スイーツとワインをこよなく愛す関西人。

関連記事