今年最後のごちそう「年越しそば」のレシピ!器にもこだわりを!

1年を締めくくる食事といえば「年越しそば」。除夜の鐘を聞きながら温かいおそばを食べる風習は「縁起物」として古くから日本に根付く食文化です。1年の終わりにふさわしい年越しそばのレシピや、年越しそばの意味、由来などをご紹介します。

年越しそばの由来

大晦日から元旦に日付が変わるひととき。家族みんなで食べる年越しそばのおいしさは格別ですよね。でも、なぜ大晦日にそばを食べるのでしょう。考えてみるとちょっと不思議。

年越しそばの起源は諸説ありますが、最も知られているのは江戸時代にはじまったとされる風習ではないでしょうか。

噛むと切れやすいそばを食べて「厄を断ち切る」という意味で食べられるようになった、細く長いそばを食べることで「長生きできる」、金細工の職人が床に散らかった金を集める際、そば団子にくっつけて集めたことから、「お金が貯まる」という説など、地域によってさまざまな言い伝えがあるようです。

年越しそばはいつ食べるの?

「年越しそば」というだけに、食べるタイミングは大晦日から元旦にかけてというのが一般的のようです。恒例の歌合戦をテレビで観たあと、除夜の鐘を聞きながら年越しそばを食べるという家庭も多いのではないでしょうか。

ところが、調べてみると年越しそばの由来同様、地域によっていろいろなタイミングがあるようです。
たとえば、新潟県では元小正月の前日(1月14日)に食べる「十四日そば」が有名です。地域によっては、年を越す前に食べ切らないと厄を断ち切れないことから、大晦日のうちに食べる風習があるそうです。

とはいえ、夕飯時に食べる家庭もあり、いまとなっては年越しそばを食べるタイミングに正しい決まり事はないといえるのではないでしょうか。大切なのは、家族そろって年越しそばを食べること――。
その光景こそ、守っていきたい日本の風習なのかもしれませんね。

「かえし」と「かつおだし」で作る年越しそば

しょうゆ味のそばつゆに、ゆでたそばを入れて食べるかけそば。シンプルなレシピだけに、素材の風味が生きる食べ物です。上に紹介したように、さまざまな願いが込められている年越しそばは、いつもよりちょっとだけ手間をかけて作ることで、ご利益があるかも!?

おいしいそばの決め手は、そばつゆにあると言っても過言でありません。「かつおだし」と「かえし」で作る、年越しそばのおすすめレシピをご紹介します。

基本の「だし」も手作りで!

そばつゆを作る際、濃縮された市販品を使用する方も多いことでしょう。簡単に作ることができ、とても便利な市販品ですが、せっかくの年越しそば。今年は手作りそばつゆにチャレンジしてみませんか?

万能調味料「かえし」の作り方

「かえし」とは、しょうゆを「煮かえす」という言葉から生まれた調理法です。煮かえすことでまろやかな風味になり、味に深みが増します。今回ご紹介するのはそばつゆにぴったりな「本かえし」という作り方。煮物の味付けにもおすすめです。

材料

  • しょうゆ 400cc
  • みりん 100cc
  • 砂糖 90g

作り方

  1. 鍋にしょうゆとみりんを入れ、沸騰させないように気をつけながら中火で加熱する。
  2. 砂糖を加え、混ぜ溶かす(ここでも沸騰させないように注意を)。
  3. 粗熱が取れたら保存容器に移し、キッチンペーパーでふたをして冷蔵庫で3~7日ほど寝かす。

冷蔵庫で寝かせている間は空気に触れさせる必要があるので密閉はしません。

かつおだしの作り方

そばつゆは「かえし」と「だし」を合わせて作ります。基本のかつおだしの取り方をご紹介します。

材料(3~4人分)

  • 水 1リットル
  • かつお節 30g

作り方

  1. 鍋に水を入れ、沸騰させる。
  2. かつお節を入れ、アクを取りながら強火で15~20分煮だす。
  3. 火を止め、かつお節を取り出す。

かつお節は強火で煮立たせることにより、味に力強さが増します。煮だすことでだし汁の量が半分近くにまで減りますが、水は足さないようにしましょう。

「かえし」と「だし」の黄金比は1:7

かえしとだしをそれぞれ作ったら、そばつゆを作ります。年越しそばで多く食べられるかけそばは、かえし1に対し、かつおだし7がベスト。お好みでかき揚げやかまぼこ、ネギや七味などの薬味を加え、熱々をいただきましょう! 

「ハレ食」には、器にもこだわりを

おめでたい席の食事を「ハレ食」と呼ぶことがあります。さまざまな願いを込めて食べる年越しそばは、まさにハレ食。器にもこだわってみませんか? 

どんぶりや薬味を入れる銘々皿、箸、箸置きなどをいつもより少しだけ豪華にすることで、気持ちが引き締まりますよ。

FN7618c1.jpg

Marus迎春箸置きセット

時代は変わっても、大晦日から元旦にかけて大晦日を食べる風習は、これからも守り続けていきたい日本の食文化です。今年の大晦日は手作りそばつゆや器にこだわって、新しい年を迎えてみてはいかが?

文:根子 陵子 Ryoko Neko

title_002002015.jpg

関連記事