お歳暮を贈る時季は?金額は?いまさら聞けないマナーと喜ばれるギフト選び

お世話になった方に贈る今年最後のごあいさつ「お歳暮」。毎年なにを贈ろうか迷ってしまう人も多いのでは? また、はじめてお歳暮を贈る人にとっては、時季や金額などを考えてしまうもの。そこで今回は、いまさら人には聞けないお歳暮のマナーや、喜ばれるギフトについてご紹介します。

いまさら聞けないお歳暮のマナー

日本の風物詩となっている「お歳暮」。その起源は日本古来の行事である御霊(みたま)祭りにあるといわれています。先祖へのお供え物が分家から本家に、嫁ぎ先から実家へと贈り届けられるようになりました。

やがてその心はかたちを変えて現代に受け継がれ、お世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈る夏のお中元、冬のお歳暮として定着。日本独自の文化であるお歳暮にはいくつか覚えておきたいマナーがあります。いまさら人には聞けないあれこれをまとめてみました。

  • 贈る時季はいつ?
    もともとはお正月の準備を始める「事始め(ことはじめ)」の12月13日から贈る習わしがあったお歳暮。現在では少し早まり、12月初めから遅くとも20日くらいまでに贈るのが一般的です。
  • のしはどうするの?
    お歳暮には紅白の花結びが描かれたのし紙を付けるのが常識となっています。のしの上段(表書)きは濃い色の墨で「お歳暮」(またはお歳暮)と書きます。下段にあたる水引の結び目の下には贈り主の名前をフルネームで書きます。
    直接手渡しをする場合は「外のし」、郵送や宅急便で送るときは包装紙の内側にのしを付ける「内のし」にすることが多いようです。
  • 予算はいくらぐらい?
    3,000~5,000円としている人が最も多く、お付き合いの度合いによって変化をつけているようです。お歳暮で大切なのはあくまで「感謝の気持ち」。あまり高級すぎると相手が負担に感じることもあるので、ほどほどを心がけましょう。

ニーズに合わせてチョイス!喜ばれるお歳暮ギフト

お歳暮の目的はお世話になった「お礼」。気持ちが込められていれば金額の大小や内容は関係ない……。と、言いたいところですが、せっかくですもの、喜ばれるものを選びたいですよね。相手の趣味趣向や家族構成など、ニーズに合わせて選びましょう。

例えば、子どもがいる家庭には、家族で食べることができるお菓子の詰め合わせはいかがでしょう。お酒が好きな人はワインの詰め合わせや珍味などもおすすめです。

お歳暮を贈る12月はクリスマスやお正月などビッグイベントが控える時季。定番となっているハムやソーセージは日持ちがし、パーティー料理のオードブルにも使えることから、もらって嬉しいギフトとして根強い人気があります。これに習って、缶詰や調味料の詰め合わせなども候補にあげてみてはいかが?

ご存じですか?お歳暮にNGなギフト

お歳暮にはNGなギフトもあることをご存じですか? 知らずに贈っては失礼にあたることもあるので注意が必要です。

  • 靴、草履
    相手を「踏みつける」という言葉を連想させることから、お中元やお歳暮にはNGとされています。
  • 下着、靴下
    「下着すらも買えないでしょう」と、相手を見下したように思われることも。
  • 刃物、ハンカチ
    「縁を切る」という意味になるので、贈り物には避けましょう。

ちなみに、もらって嬉しいお歳暮の上位にあげられる「商品券」は、目上の人には失礼とされています。「恵んであげる」という意味にとらわれがちなことがその理由です。

今年1年の感謝の気持ちをかたちにしたお歳暮は、日本人らしいすてきな風習のひとつ。お歳暮のマナーをおさらいするとともに、相手の笑顔がみえるギフトを選びましょう。

文:根子 陵子 Ryoko Neko

foo_oseibo2015_t.jpg

関連記事