聖夜を彩るクリスマスツリー おしゃれなオーナメンのつけ方、デコレーションのコツとは?

今年最後のビッグイベント・クリスマスがまもなくやってきます! 聖夜を彩るクリスマスツリーの準備はもうお済みですか?

年に1度のお目見えとなるツリーは、せっかく飾るならおしゃれなインテリアの一部として取り入れたいですよね。大人女性にふさわしいオーナメントの選び方や、デコレーションのコツをご紹介します。

なぜクリスマスにもみの木を飾るの?

クリスマスといえば「クリスマスツリー」。オーナメントやリボンでデコレーションされたもみの木は、クリスマスムードを最高潮に盛り上げてくれますよね。

でも、なぜ、クリスマスにもみの木を飾るのでしょう。考えてみるとちょっと不思議。調べてみると地域や国よってさまざまな説があるようです。

共通しているのは、もみの木の生命力です。1年中緑が失われることがない常緑樹であるもみの木。その姿は「永遠の命」として尊ばれていたことから、クリスマスツリーとして用いられるようになったといわれています。

また、クリスマスツリーを飾るオーナメントにも深い意味があるのをご存知ですか? キリストの誕生を祝う日であるクリスマスに、宗教的な意味合いをもたらすことを目的として飾られるようになったといわれています。代表的なオーナメントの意味をみていきましょう。

  • ボール
    アダムとイブの「りんご」に由来するといわれています。色ごとに意味があり、赤はキリストが流した血(生命力)白は、キリストの清さの色(純潔)、緑は、常用樹の色(永遠)金と銀は、キリストの気高さや高貴を表しています。
  • リボン
    「愛を結ぶ」という意味が込められているという説が有力です。ちなみに結び目がないラウンド型のクリスマスリースも、愛が途絶えないことを表しているそう。
  • キャンディー
    杖をかたどったクキャンディー型のオーナメントは、羊飼いの杖という意味があります。羊を導くように、困っている人に手を差し伸べる、キリストの教えを表しています。
  • スター
    クリスマスツリーの1番上に飾られるスターは、キリストの誕生を東方の三賢者に知らせたベツレヘムの星を表しています。欧米ではトップスターを飾るのはお父さんの特権とのこと。

503401c1.jpg

カエルとソックスのオーナメント 4個セット

オーナメントはツリーの大きさに合わせて選ぼう!

日本で一般的なのは、アーティフィシャルグリーンのクリスマスツリーです。最近ではインテリア要素を強く取り入れた白やシルバー、ピンクなどさまざまなカラーバリエーションも登場しています。

室内に飾ることが多いクリスマスツリーは、インテリアの主役にもなるので、センスの良い飾り付けを心がけましょう。

まず、押さえておきたいのは、ツリーの大きさに合わせたオーナメントの数。ツリーの表面積の20%をボールデコレーション、残りをリボンやモール、リボンなどお好みのオーナメントを足していくとリッチ感あふれるツリーに!

よりゴージャス感をだしたいのなら、イルミネーションをプラスしてみましょう。おすすめはどの角度からもイルミネーションが美しく見える巻き方。ツリーの先端かららせんを描くように巻いていきます。巻き終わったコードはツリーの足の部分でまとめ、煩雑にならないように処理をします。

物語のあるオーナメントでシックな大人のツリーに

一つひとつに意味が込められているオーナメントですが、色やデザインによっては子供っぽくなってしまうことも。大人シックに仕上げるためには、ツリーに物語を持たせることがポイントになります。

キリストの誕生を祝う天使をかたどったもの、北欧の自然から飛び出してきたような動物や精霊たちを飾るのもステキですね。

クリスマスはいくつになっても待ち遠しいもの。クリスマスツリーの飾り付けは童心にかえったような楽しさがあります。
今年最後のイベント、クリスマスを、ツリーにデコレーションしながら指折り数えて待ちましょう!

文:根子 陵子

etc_xmas2015_t.jpg

関連記事