まもなく解禁!ボジョレ・ヌーボーのおいしい楽しみ方

すっかり日本でもおなじみとなった「ボジョレ・ヌーボー」。解禁日となる11月の第三木曜日を前に、パーティーを計画している人も多いのでは?

本国フランス以上に盛り上がりを魅せる日本の解禁日ですが、そもそもほかのワインとはどのような違いがあるのでしょう。お味は? なぜ解禁日があるの? 相性の良いおつまみは? ボジョレ・ヌーボーをとことん楽しむためのおいしい情報をお届けします。

ボジョレ・ヌーボーってどんなワイン?

日付変更線の関係で、本国フランスよりも8時間ほど早く迎える日本のボジョレ・ヌーボー解禁日。「ヌーボー」とはフランス語で「新しい」という意味で、ボジョレ・ヌーボーとはその名の通り、ランス・ブルゴーニュ地方のボジョレ地区でその年に収穫されたいぶどうからつくる新酒のことです。新酒というだけあり、赤ワインの渋みのもとになるタンニンが少ないボジョレ・ヌーボー。まろやかな口当たりを存分に楽しむことができますよ。

ボジョレ・ヌーボーは、「ガメイ種」というブドウを原料に、「炭酸ガス浸透法」と呼ばれる特別な方法でつくることが義務付けられています。通常、ワインは2~3年熟成させますが、ボジョレ・ヌーボーは2~3カ月で出荷を迎えます。

2015年の解禁日は11月19日

そこで気になるのが2015年のボジョレ・ヌーボー解禁日。今年は11月19日の午前0時が解禁日となります。そもそもなぜ、この日が解禁日になったのでしょう。

一説によると、もともとの解禁日は、ボジョレ地区で最も収穫が早いワインができ上がる11月11日に設定されていたのだとか。くわえてこの日は聖人の日(サンマルタンの日)にあたるため、縁起を担いで「ボジョレ・ヌーボーの解禁日」と設定したそうです。

その後、聖人の日が無名戦士の日に変更されたことや、解禁日を固定すると年によってはレストランや酒屋さんの定休日にあたり、売れ行きに大きな影響があるなどの問題が発生。業を煮やしたフランス政府が1984年に「毎年11月の第三木曜日」を正式な解禁日とし、現在に至るというわけです。

2015 ボジョレ・ヌーボーの気になる味は?

ワインは原料となるブドウのでき具合によって味が左右される飲み物です。醸造期間がわずか数ヶ月のボジョレ・ヌーボーは、一般的なワインに比べてもっとも影響を受けやすいと言っても過言ではありません。

そこで気になるのが2015年のボジョレ・ヌーボーの味。6月から気温が上昇したボジョレ地区では、乾燥気味の夏の天候も相まって、近年稀にみるワインに適したブドウが収穫されました。

そのため、2015年のボジョレ・ヌーボーは、しっかりと果実のうま味が感じられる出来栄えなのだとか! 解禁日がますます待ち遠しくなりますね。

ボジョレ・ヌーボーのおいしい飲み方

渋みが少なく、フレッシュな味わいのボジョレ・ヌーボーは、冷蔵庫で1時間ほど冷やすことでおいしさが増すといわれています。通常の赤ワインは冷やすと渋みが強くなりますが、タンニンが少ないボジョレ・ヌーボーなら心配ありません。

冷やして飲むことでさらに飲みやすくなり、普段、あまり赤ワインを飲まないという人でもおいしくいただくことができますよ。

おつまみでボジョレ・ヌーボーをもっとおいしく!

待ちに待ったボジョレ・ヌーボーをよりおいしくいただくには、おつまみのチョイスがポイント。通常の赤・白ワイン同様、チーズや生ハム、パテなどがおすすめです。

冷やして楽しむボジョレ・ヌーボーはクセがないため、意外かもしれませんが和食や中華などともよく合います。食事をしながらワインを楽しむフランス人のように、11月はワインをお供にディナーを楽しんでみるのもステキですね。

また、もともと熟成させることを目的としていないボジョレ・ヌーボーは、早くに飲み切ることがおいしく飲む秘訣です。

毎年微妙に変わるフレッシュな味わいはまさに一期一会。今年はどんなボジョレ・ヌーボーに出会えるのでしょう。11月19日が待ち遠しいですね!

文:根子 陵子

foo_beaujolais_t.jpg

関連記事