こだわりの梅、甘酒、お酢。お中元にも喜ばれる「和の夏グルメ」

季節が変わることの楽しみのひとつは、食! 世界中のおいしいものが簡単に手に入る時代だけれど、やっぱり日本の旬を味わいたい。そんな方にヘルシーで安心な国産のこだわりの梅、冷やしておいしい甘酒、疲労回復に飲みたいお酢など、夏に味わいたい旬グルメをご紹介します。

夏だもの、体の中から元気になろう!

まぶしい日差しの中で、長いお休みを楽しむ方、クーラーのきいた室内でより一層お仕事にまい進する方……。それぞれの夏の過ごし方がありますが、長期休暇でもお仕事でも、屋内と屋外の温度差や日差しで体はどうしても疲れ気味になってしまいます。近年では、異常な暑さを記録するなど、体調管理を以前より難しく感じている方も多いかもしれません。しかし、気温の変化はあるものの昔から四季がしっかりとある日本には、そんな夏の身体を元気にしてくれる、知恵の詰まったおいしい旬の食べ物がたくさんあるのです。それでは、そんな夏の旬グルメをご紹介しましょう。

和のチカラで夏を楽しむ

夏の食材というと、夏野菜やトロピカルフルーツ、また、ウナギなどを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、今回はちょっと意外な夏のグルメをご紹介します。おいしい旬のグルメは大切な人への贈り物としても喜ばれるものばかりです。

夏だからこそおいしい「梅」を

梅というと、やっぱり思い浮かぶのは梅干しではないでしょうか? 梅干しは酸っぱいものやはちみつ漬けの甘いものなど種類も豊富で、そのまま食べてもよし、お料理に使ってもよしと便利に活躍してくれます。 梅に豊富に含まれるクエン酸は夏の疲労回復にもってこいです。また、梅干しが苦手という人は、完熟梅を使用したゼリーや梅肉エキスとはちみつで作る梅ドリンクなら、暑さで食欲がない時にでも、おいしく栄養を摂ることができます。高級梅干しは自分ではなかなか手が出せないものなので、プレゼントやお中元にも喜ばれる一品です。

N44994c1.jpg

木熟梅ゼリー「梅千家」。香り、肉質ともに最高峰といわれる紀州南高梅。樹上で完熟してから摘んで甘露煮にし、丸ごと封じ込めたゼリーです。

夏の季語「甘酒」でひんやり

甘酒というと、寒い冬に飲むイメージがありますが、実は江戸時代には夏の風物詩として楽しまれていたそうです。国産の上質なお米を使用して作られる甘酒なら、デンプンの自然な甘みを楽しむことができ、また、栄養たっぷりの発酵飲料なので、夏の体にぴったりです。冷たく冷やしていただけば、上品な香りと爽やかな後味を楽しむことができます。また、甘酒をパイナップルと一緒にジューサーにかければ、おしゃれなカクテル風ドリンクに変身します。

586216c1.jpg

「三崎屋醸造 新潟こしひかり100%のあまざけ」

「お酢」で爽やかリフレッシュ

健康のためにお酢を飲むことはすっかり定番となっていますが、いろいろな種類があるため、なかなか新しいものに挑戦できない方も多いのではないでしょうか? 今は、リンゴ酢、黒酢、もろみ酢など、日本全国からお取り寄せが可能です。自分の好みのものを見つけるとより楽しめるようになるはずです。お酢にはクエン酸がたくさん含まれているので、夏に疲労をためないためにも毎日飲んだり、お料理に使ったりと、爽やかに楽しみましょう。たとえば、かき氷に果実酢をかけるとヘルシーで爽やかな大人の味を楽しめます。

555806c1.jpg

ビューティー黒林檎酢 女神の林檎

栄養ぎっしり!夏の味

夏は体力を消耗し、食欲もなくなって疲れ気味になってしまいがちです。そんな時こそ、栄養たっぷりの日本人の知恵を上手に食卓に取り入れて、おいしく元気に夏を乗り切りたいですね。お取り寄せなら、国産の素材を贅沢に使用した上質な旬のグルメを楽しむことができるので、ご自分に、そして、お友達やまわりの方にも日本の夏の味を贈ってみてはいかがでしょうか?

文:ゴパート夏南子 Kanako Goeppert

関連記事