【編集長インタビュー】『DAMA collection』から提案する、2015年春夏のファッションテクニック

DAMA編集長の生の声をお届けするインタビューシリーズ。第2弾は、天利美智代編集長が語る、2015年春夏ファッションのポイントです。トレンド感がありながら、大人の女性らしい着こなしとは?

おしゃれの楽しくなる春は何を着てもあり?

――2015年春夏シーズンのトレンドカラー、柄、素材、フォルムはどのようなものでしょうか。また、コーディネートの際のアドバイスもお願いします。

天利 まず色と柄ですが、やはり春だとピンク、花柄は押さえておきたいですよね。そしてレースの人気はここ2、3年はずっと継続しています。そこに今年はネイビーやブルー系、それからイエロー系が加わってきています。全体的なテイストとしては、少しクラシカルなものやエフォートレスな着こなしがトレンド。あとは、ブラック×ホワイト、オールホワイトもいいですね。素材はレザーも注目ですし……もう、春はなんでもありなんです! はっきり言ってしまうと。

――大変! でも本当に春はいろいろ着たくなりますよね。

天利 冬から春になり、厚手のコートやタイツを脱いだときに自分が何を着たい? ということですよね。やはりキレイな色を着たいし、白っぽい軽やかなものも着たい。柔らかいベージュやグレーも映える季節ですし。やっぱりなんでもありなんです(笑)。そういった春らしさを、カタログでも特集としてお届けできればと思っています。

――シーズンごとのトレンドはコレクションをチェックしてから方向性を決めるのですか?

天利 実は、春夏コレクションよりも前に商品準備に着手しなければなりません。コレクションを受けてから始めるのでは遅いんです。それでも前シーズンからの流れはありますから、勘の部分も働かせながら進めていき、そこに途中でコレクションの要素をプラスしてつくりあげていく感じです。

 ――具体的に商品セレクト、カタログ制作はいつごろから始められるんですか?

 天利 前の年の5、6月ぐらいからでしょうか。春夏コレクションより準備は早くても、実はヨーロッパの老舗のテキスタイルメーカーさんにお願いしているので、そこから出てくる情報をもとに進めていればほぼ正解なんです。「ああ、なるほど」というものが確実に出てきます。

 ――そこでもやっぱり“素材の力”なんですね。

 天利 そうです。“素材の力”ですね。私たちのカタログは流行の最先端を創出するものではないので、トレンドについては「なるほどな」と感じていただけるレベルで良いと思っています。むしろ「お客様が春に着たいもの」を確実にお届けすることが大切です。これから夏になってくると、もう少しロング丈のスカートやデニム素材のものが出てくるでしょう。スリムだったパンツがワイドになってくるかな……ぐらいのことを、カタログを通して頭に入れておいていただければ、あとは楽しんで着ていただきたいですね。

 ――ワイドパンツ、ひさしぶりですね!

 天利 そう、ワイドになりますよ。これまでずっとスリムが主流でしたけど、ブームも長く続くと飽きてくるんですよね。そうなると全体のバランスも変わってきます。スリムがトレンドだったときは上着丈が長めだったのが、ワイドが流行ってくると上着丈は短くなってきます。スカートも、くるぶしまでのロング丈も出てきますので、必然的にトップスは短いものの方がバランスが良くなります。持っていらっしゃらない方もいるかもしれませんので、春から夏に向けては、そういったアイテムに目を向けておくと良いと思います。また、昨年に続いてドロップショルダーは健在です。肩にぴったりではなく、ゆとりのあるものを着ようという流れは続きそうです。

 174601f1.jpg

<エミールコットン ドロップショルダー ロングプルオーバー>

2015年の春らしいピンクの取り入れ方とは?

――編集長の個人的なおすすめのカラーはありますか?

 天利 私は個人的にモノトーンが好きなので、春夏もブラック×ホワイトのコーディネートは増えると思います。あとは、私のラッキーカラーがイエローなので、黄色、からし色あたりでしょうか。身につけるだけで元気が出ますよね。

 ――先ほどおっしゃっていた、春の必須カラーであるピンクの着こなしは大人の女性には難しそうに感じるのですが……。おすすめの取り入れ方など、アドバイスをいただけますか。

 天利 DAMA世代でしたら、ピンクとグレーの組み合わせもステキですよ。ピンクと言っても、ショッキングピンクもあればベビーピンクもあります。花柄で部分的に取り入れると無理がないかもしれません。案外、ショッキングピンクも大人のスタイルに自然と取り入れられるんですよ。

 ――そうなんですか!

 天利 甘いピンクは難しいけれど、ショッキングピンクならブラックやネイビーとも相性が良く、顔が明るく映えるんです。鮮やかな色にちょっと抵抗があるなら、サーモンピンクやパープル系のピンクあたりなら取り入れやすいと思います。ピンクにもいろいろあるので、幅広くチェックしてみていただきたいですね。

046201c1.jpg

<ホールガーメント 海島綿裾配色セーター>

そのほかの注目カラーといえば、ピンクとは対照的ですがネイビーです。

 ――逆にネイビーは、大人の女性だと落ち着きすぎてしまうような気もしてしまうのですが……。

 天利 ネイビーに「何を合わせるか」だと思います。春だったらネイビーにイエローを合わせると、今年らしくて新鮮です。夏になるとマリンテイストがくると思います。あとはレースですね。春夏には必須の素材です。

 ――そこでは、やはりレースの質が大事になってくるのでしょうか。

 天利 レースにも、色、柄、仕立てがさまざまあります。そのレースで何をつくるのかによっても大きく違ってきますし。例えばワンピースならコード付きのほうが立体感も高級感も出ます。それから柄。良いものはお値段も高いのですが、やっぱり素敵です。そしてヨーロッパ製のものは美しさが格段に違いますね。ヨーロッパには中世のドレス文化から続くレースの歴史がありますから。

173201c1.jpg

<フランス コードレース Aラインワンピース>

 ――確かに、そうですよね。

 天利 比べていただくと違いはすぐわかります。DAMAでは、レースの商品は徐々に大物にチャレンジしていて、以前はポイント使いやスカートぐらいでしたが、2015年はレースのワンピースを2パターン出しています。また、レースはフェミニンに扱われがちですが、コットンストレッチのパリッとしたシャツにレースを挟んだりもしています。フェミニンなテイストだと普段着としては難しいものがありますが、シャツならさりげなく着こなせるのではないでしょうか。

036603c1.jpg

 <フランスレース使い コットンストレッチ ブラウス>

――スカート丈の流行はいかがですか?

 天利 ひざ下のタイトスカートもありますし、一方で長めのフレアスカートにもトレンド感があります。ただ、こればかりは自分の体型とのバランスが大切です。ご自身のサイズ感、体型をよく知って、似合うものを理解し、そのうえで自分らしく取り入れられる長さをお選びください。

 ――多岐にわたる流行を自由に取り入れるためにも、まずは自分を知るところからですね。ありがとうございました!

DAMA38_H1_WEB用.jpg

 DAMA Collection春夏号はこちらのデジタルカタログでチェック!

文:醍醐由貴子 Yukiko Daigo

ライター。女性誌、男性誌を問わずさまざまなフィールドで活動中。フリーランスのPRとしても飲食店やプロジェクトを担う。

関連記事