祝卒入学!シチュエーション&年代別ママの「ハレの日」フォーマルスタイル

3月になると、入園式、卒園式、入学式、卒業式のシーズンですね。式の主役となるお子様の服装はもちろん、出席する母親のフォーマルスタイルも気になるところ。「ハレの日」スタイルのマナーや常識をシチュエーション別、年代別にご紹介します。

入園式・入学式

【Q】入園式・入学式の服装はどんなスタイルがおすすめ?

【A】子どもの新しいスタートを祝う入園式・入学式は、華やかな色合いの服装がおすすめです。しかし、入園式・入学式の主役はあくまでも子どもたち。華やかで目立ち過ぎる服装は不相応です。主役の子どもの服装とのバランスを考えてコーディネートしましょう。

「華やか」「目立ち過ぎない」の条件にピッタリなのがツイードアイテムです。単色では派手になってしまうカラーでも、何色もの糸で仕立てるツイードであれば、目立ち過ぎない穏やかな色合いに仕上がっています。ツイードのジャケットやワンピースは、落ち着いた雰囲気を演出することができるため、大人の女性らしさを際立たせてくれます。春らしい淡いトーンのカラーがミックスされているアイテムは、柔らかく優しい印象に仕上がるので、入園式や入学式にピッタリです。

264903c1.jpg

 フランス素材ファンシーツイード スーツセット(ジャケット+スカート)

ポップな配色のボトムスも落ち着いたカラーのジャケットやトップスを合わせることで「きちんと感」が加わります。ウエストにシェイプ感があるワンピースや、タイト感のあるスカートであれば、かっちりとした印象を与えてくれます。一枚でスタイルが仕上がるワンピースは、入園式・入学式にはもちろん、「ハレの日」コーディネートにも使えて着回しの幅が広がります。

 264103c1.jpg

イタリア糸 ハーフミラノニット ロングジャケット&マリア・ケント社 チェック ツイードワンピース アンサンブル

 卒園式・卒業式

【Q】卒園式・卒業式の服装はやっぱりスーツ?

【A】子どもが次のステップへと旅立つ卒園式・卒業式は、シックなスタイルを選びましょう。しかし、必ずしも服装はスーツでなくてはいけない、というわけではありません。ビジネスやお出かけなど、フォーマルシーン以外でも着回せるジャケットやスカート、ワンピースを選んでももちろんOKです。

卒園式や卒業式となればブラックなどのシックなカラーがおすすめ。中でも、角度によって見え方が異なるブラックツイードは、艶やかで上品な印象に仕上がり大人の余裕が感じられるスタイルになります。高品質なブラックツスーツは、スーツとしてはもちろん単品使いも可能なのでコーディネートの幅が広がります。

261803c1.jpg

Faliero Sarti/ファリエロ サルティ カラミ織 スーツセット(ジャケット+スカート)

これまでブラックは、卒園式・卒業式の定番カラーとされていましたが、最近はネイビーを選ぶ方も増えています。ネイビーでも光沢のあるシルク素材のものであれば、シルエットがより立体的になり、洗練されたスタイリングになります。

261403c1.jpg

「NIKKE」 マフダブルジョーゼット セット(ジャケット+スカート)

ほどよく体にフィットするジャケット、膝下丈のスカートとワンピースなどミニマルなデザインのアイテムを選べば、品格が求められるフォーマルなシーンに最適です。

 

学校行事

【Q】学校行事で目立ちすぎずに品の良い母親に見せる服装は?

【A】学校行事と一口にいっても、学校説明会や授業参観、運動会などさまざまです。きちんと感が求められるシーンもあれば、カジュアルさが求められるシーンもあるため、そのシーンに応じた服装を心がけましょう。授業参観などの学校行事では、清潔感のある服装をおすすめします。参観日の主役はあくまでも子ども。張り切り過ぎて原色な派手な服などでは、悪目立ちしてしまいます。無難なのは、入学式や卒業式などで着用したジャケットやスカート、ワンピース。また、それらのアイテムの組合せを変えることで、きちんと感を外すことなく、トレンドな仕上がりにすることが可能です。

264903f3.jpg

式で着たジャケットにトレンドのガウチョパンツを合わせて、「トレンド+きちんと感」

フォーマルアイテムでは、かっちりし過ぎる、でも目立ちすぎず品の良さを出すには、ワンピースがおすすめです。少しカジュアルな雰囲気を出しつつ清楚感を出したいシチュエーションには、パンツにシャツのコーディネートはいかがでしょう。「主役はあくまでも子ども」という事を忘れずに、TPOに応じたファッション選びを心がけましょう。

 

【Q】品よく見せるヘアスタイルは?

学校行事に参加するにあたって、服装はもちろん髪型からの印象も重要です。学校行事に参加するときの髪型には「清潔感」を出すことが重要ポイント。顔に髪がかからないように、まとめたり、耳にかけたりしましょう。

学校行事に参加する際の髪型の定番は、ハーフアップやポニーテール。ハーフアップやポニーテールなら下を向いても顔に髪がかかることがありません。また、きちんとまとめることで母親らしい上品さを演出することができます。しかし、きちんとしすぎてしまうと野暮ったい印象を与えてしまうこともあるため、ポンパドールをしてトップにボリュームを出したり、毛先を巻いたりして柔らかく優しい印象を与えましょう。

 適度な華やかさを演出するには、ヘアアクセサリーも大切。ゴムが見えないように、シンプルなバレッタやバナナクリップなどで留めるようにしましょう。ブラックのリボンのヘアアクセサリーは学校行事に参加するためのヘアアクセサリーとして定番。また、柔らかな風合いのコットンパールのものもおすすめです。髪型は当然、ヘアアクセサリーからの印象も大切です。清潔感を演出するため、派手すぎないものを選びましょう。

 

■年代別ママのフォーマルスタイルの基本

【30代】

ある程度落ち着いた年齢になるため、「清楚でエレガント」を大切にして服装選びを行いましょう。ワンピースを着用する際も、ワンピースだけでなくジャケットを羽織ってエレガントに。落ち着いた雰囲気にしようとブラックアイテムばかりを選んでしまうと、老けて見えてしまうこともあるのでコサージュなどの小物で差し色をプラス。

【40代】

30代ママの雰囲気にプラスして、素材やディティールに上質なものを選びましょう。40代になると、年齢的にもちょっと大人の余裕を見せたくなるもの。トレンドづくしになってしまうと、悪い意味で目立ってしまうことも。トレンドのアイテムを取り入れながらも上質な素材やディティールのものを選ぶのがポイントです。

【50代】

50代になると、シックでエレガントな雰囲気を出すことがコーディネートのポイント。ひざ上丈のスカートは卒業して、ミモレ丈やロング丈のスカートで上品な印象を与えましょう。ブラックやネイビーなど引き締め効果のあるカラーを選んですっきりとした落ち着いたスタイルに仕上げましょう。

関連記事