祝卒入学! 母たちのフォーマルシーン着こなしマナーとは?

子どもの卒業式、入学式。母親は何を着るべきでしょうか? いわゆるセレモニー服ではなくおしゃれを楽しみたい方も多いはず! 自分らしくおしゃれをしながらも、マナーのあるコーディネートに仕上げる、フォーマルシーンでのエレガントスタイルの作り方をご紹介します。

選ぶべきカラーやスタイルって?

華やかさはほしいがフォーマルな場なのでやはりブラックを着るべきでしょうか? 卒業式、入学式でよく選ばれる色といえば、ブラック、グレー、ネイビーなどのダークカラーです。しかし、ブラックでも、いわゆる全身ブラックでコーディネートというよりは、カラートーンを合わせた上下のセットアップなどが最近は人気です。また、グレー系のおしゃれなツイードジャケットを羽織るのもあり。素材がツイードだと、重いフォーマルスーツよりも見た目が軽く、華やかさが出せます。

210602c1.jpg

Faliero Sarti/ファリエロ サルティ からみ織 ジャケット

学校行事=地味でなければならないというのはひと昔前のこと。今は明るいベージュやピンク系などのセレモニーカラーも選ばれています。着回しがしやすいということで、ブラックやグレーを選ぶ方はまだまだ多くいますが、個性あるセットアップや、ミックスカラーのコーディネートで個性を出してみましょう。

264903c1.jpg

フランス素材ファンシーツイード スーツセット(ジャケット+スカート)

今、再び着物スタイルも注目されています。シックな大人らしい着物で、和エレガントな装いも素敵ですね。

押さえておきたい3つの着こなしマナー

ファッションは個人の自由とはいえ、子どもの卒業式となればマナーも重要です。エレガントに大人の女性らしい、品のある着こなしをしたいですよね。

卒業式でこれを着なければいけない! という服装の決まりはありませんが、普段着のようなカジュアルな服装はNGです。スーツやワンピースでなくても、カラートーンを合わせた上下のジャケットスタイルや、フォーマルな雰囲気のある服装を心がけましょう。

3つの着こなしマナーは、「普段着でないこと」「品があること」「控えめに華やかさを出すこと」。

あくまでも主役は卒業するお子様たち。母親ファッションに華やかさも大事ですが、控えめに自分らしさを出すことが大事なポイントです。

フォーマルファッションは小物が決め手

フォーマルなファッションは、すっきりとまとめることが大事ですが、シンプルになりすぎないように注意も必要です。退屈なコーディネートにならないためにも、自分らしい小物をプラスして、おしゃれを楽しみましょう。

小物といえば、アクセサリー、バッグ、スカーフなど。コーディネートに合わせたカラーのもので、コーディネートをまとめましょう。
少し華やかさを出したい場合は、ポイントになるような明るいスカーフを差しカラーとして取り入れるのがおすすめです。ひと昔前は、卒業式といえばコサージュというのが定番でしたが、今風に仕上げるならば、おしゃれなクラッチバッグにコサージュを付けるなど、もう一歩踏み込んだ工夫をしてみましょう。

おしゃれな大人エレガントの人気アイテム、クラッチバッグの選び方のポイントは、モノトーン系のコーディネートにはモードなブラックやシルバーなどの光沢のあるもの、明るめのコーディネートにはベージュやホワイト系のマットカラーを選ぶことです。

210903c1.jpg

NAGATANI/ナガタニ パイソン×スムース 2WAY チェーンバッグ

アクセサリーも控えめなものを選びましょう。定番のパールネックレスもクラシックでおすすめです。フォーマルファッションでは、ネックレスやブレスレットをじゃらじゃらと重ね付けするのは避けましょう。

252705c1.jpg

8.5mmアコヤ花珠真珠 ネックレス&イヤリング・ピアス&リングセット

ネイルやヘアスタイルもやりすぎはNG。

これという決まりはないものの、やはり品のある素敵な母親ファッションを目指すためにはトーンを統一したコーディネートにおしゃれな小物使いで、卒業式ファッションも楽しみましょう。

 文:フレシュラスともみ Tomomi Flesuras

fas_suit_t.jpg

関連記事