冬に極上のあたたかさを。「ムートンコート」の着こなし3つのコツ

あたたかくてラグジュアリーな雰囲気を醸し出す「ムートンコート」。いつか着こなしたいと思いつつも、インパクトが強くボリューム感もあるため、どうしても子供っぽく見えてしまうという人も多いのではないでしょうか。お洒落上級者だけが似合うファッションアイテムだと思われがちなムートンコート。でも着こなしのコツさえつかめば、意外にも初心者でもかっこよく着こなすことが可能なのです。1枚で極上のあたたかさを届けてくれるムートンコートの、3つの着こなしのコツをご紹介します。

ムートン初心者にもやさしい優れもの

裏全体のボアがあたたかくてリッチなムートンコートは、防寒対策にはもちろん、お洒落なアウターとしておすすめの1枚です。最近ではロング丈やショート丈に加え、ノーカラーやダッフルコートなどデザインや色の種類も豊富。フェイクムートンも肌触りや品質の面でレベルが高く、初心者でも気軽にトライできる人気アイテムです。

ムートンコートはもともと羊の本皮でつくられていたもの。1枚であたたかくやわらかな印象を与えてくれるため、身にまとう女性の魅力を引き立ててくれる優れものなのです。

ムートンコートの着こなし3つのコツ

あたたかくてお洒落なムートンコート、手持ちの服に簡単に合わせることができれば理想的ですよね。どのような点に気をつけて選び、コーディネートすべきでしょうか。着こなしのコツをチェックしてみましょう。

1. シルエットの綺麗なものを選ぶ

ムートンコートはボリューム感があるため、広がると着ぶくれして見えたり、どこか幼い印象になってしまったりしがちです。そこで、できるだけウェストが締まった女性らしいラインのコートを選ぶことによってすっきりします。上半身はタイトで、ウェストから下はふんわりとしたシルエットのプリンセスラインが入ったものなら、バックスタイルもさらに華やかに。また、なるべく飾りの少ないシンプルなデザインを選ぶことによって、クールな大人の女性の印象になります。

504801c1.jpg

ブルーフォックスファー付き ムートンフレアーコート

2. コートの中はシンプルに

1枚でラグジュアリー感ただようムートンコートだからこそ、コートの中はシンプルにまとめましょう。ニットなら、モコモコしたものやルーズなものより、身体のラインにフィットする薄手タイプを。ボトムにはスキニージーンズや細みのタイトスカートでコンパクトに見せることによってムートンコートとのバランスも良くなります。海外セレブ風に、シンプルなコーデにムートンコートをラフに羽織ればこなれ感がアップします。

504602c1.jpg

パウダータッチデニム スキニーパンツ

3. 同系色コーデで大人の着こなし

一見膨張して見えそうなムートンコートのコーディネート。そこで、ムートンコートを着る時はボトムや小物を同系色でまとめてみましょう。キャメルのムートンコートには、ベージュのマフラーやスカーフを合わせてすっきりと。薄いベージュのムートンコートには薄いカラーのスキニージーンズ、黒のムートンコートには黒やグレーのインナーやボトムを。重くなりがちな明るい色の組み合わせも、オールブラックのコーディネートも、ムートンの素材感が動きを与えてくれます。ムートンコートにはぜひ同系色コーデで、大人の着こなしを楽しみましょう。

今年の冬はムートンコートに決まり

3つの着こなしのコツがわかれば、手持ちのファッションに簡単に合わせやすいムートンコート。1枚持っていれば、いつもの冬ファッションがワンランク上のスタイルになること間違いありません。この機会を利用して、豊富なデザインの中からお好きな1点を新調してみてはいかがですか? 極上のあたたかさとラグジュアリー感たっぷりのムートンコートで、寒い冬を乗り越えましょう。

文:山下希代 Kiyo Yamashita

冬アイテム大セール開催中!今すぐセール会場へ!

sale_catalog_t.jpg

関連記事