冬限定の極意。視線を集めるブーツコーディネート

「颯爽と冬の街を駆け抜ける」。こんなイメージがぴったりのブーツコーディネート。全体のスタイルを引き締めるブーツはまさにコーディネートの要、どんなブーツを合わせるかで印象がガラッと変わります。秋冬ならではのブーツコーディネートで、寒い冬でも暖かくアクティブに過ごしましょう。

冬限定の極意

冬のおしゃれを決めるブーツ。足元を温かく保つだけではなく冬のスタイリングには必須のアイテムです。ブーツによって印象が異なるので、スタイルに合わせていくつか持っているとコーディネートの幅が広がります。ブーツとセットで考えたいタイツについても提案します。冬だからこそ楽しめるブーツコーディネートをきわめて、長い冬をおしゃれに楽しみましょう。

ブーツコーディネート ロング編

存在感際立つロングブーツはスカートに合わせるか、パンツの場合はインにして。足をスッキリ見せる効果があります。ショートパンツに合わせるも新鮮。

  • ジョッキーブーツ

乗馬風ブーツで、気品を感じさせるブーツ。これだけでおしゃれ度がぐんとアップ。

R01155f1.jpg

メタル使い キップレザー ジョッキーブーツ

  • エンジニア風ロングブーツ

ハーフ丈の印象が強いエンジニアブーツ。ロング丈のものは新鮮な印象を与えます。

110706c1.jpg

エンジニア風 バックファスナーロングブーツ

  • ニットロングブーツ

ハイソックスのようなニットブーツも、新鮮なアイテム。他のブーツにはない素材感で目引きます。保温性と通気性にも優れており、足に程よくフィットします。長さをハーフブーツ風にも調整できるので、コーディネートが広がります。

522901c1.jpg

ホールガーメント製法のウールニットロングブーツ ヒールタイプ  

ブーツコーディネート ショート編

ショートブーツ、ハーフブーツは使い勝手抜群、服に合わせやすい優れモノです。バリエーションも多いので自分のスタイルに合わせて選びましょう。シンプルなデザインのくるぶしが隠れるくらいのショートブーツは一足持っていると何にでも合わせられて重宝します。ボリューム感のあるブーツは、メンズライクな着こなしに。ヒール付きのブーツは女性らしさを出すのに効果的。

  • レースアップブーツ

細身のレースアップシューズは、スカートでもパンツでも合わせやすく、重宝します。

122003c1.jpg

レースアップ ショートブーツ

  • ムートン使い

保温性に優れているのも人気の理由。ムートン調の素材を使った、丸洗いできるものも出ています。

104802c1.jpg

BEARPAW/ベア パウ ボタン付き ムートンブーツ

  • エンジニアブーツ、サイドゴアブーツ

ハードな印象で、メンズライクな着こなしにピッタリ。パンツは丈が短めのものを合わせたり、ロールアップにしてブーツを見せるコーディネートにしたりするとスッキリ見えます。ドレスに合わせてあえてハズしたスタイルにするのもおすすめです。
ブーツの色は黒、茶色が定番ですが、あえてネイビーや白を選ぶのもインパクトがあって、おすすめです。ネイビー、白なら合わせられる服も意外に幅広いものです。着こなしのキーとなるブーツで、トレンド感を出してみましょう。

225005c1.jpg

ベルトデザイン サイドゴアショートブーツ

コーディネートの仕上げ

ブーツとバッグ、もしくはブーツとグローブのテイストを揃えましょう。黒のレザーのブーツなら黒のレザーバッグといったふうに、素材と色をそろえるのが基本です。あえてポイントにするなら赤や黄色など差し色のバッグを持ってくるのもいいでしょう。帽子でテイストをそろえるのも一気におしゃれ感がアップ。

110706f9.jpg

また、ブーツコーディネートの重要アイテムとなるのがタイツ。黒や茶のブーツに同色のコート、黒のタイツという方も多いのではないでしょうか。黒のタイツをカラータイツに変えてみましょう。ネイビー、ブラウン、ボルドー、カーキなど、まずは合わせやすい色から。カラータイツにするとありきたりなコーディネートが一変します。黒が多くなってしまうコーディネートにカラータイツをのぞかせる。カラータイツは着こなしのメリハリをつけるのに大活躍。柄のあるタイプやワンポイントの入ったタイツで遊び心を楽しむのもいいでしょう。

ブーツを合わせるコーディネートでは、特に足元が見られます。クリーナーで汚れを落とし、革専用の油分(ワックス類)を塗る、日々のお手入れも忘れずに心がけましょう。

文:近藤陽子 Yoko Kondo

関連記事