成人式の家族写真、主役を引き立てて絵になる母親のドレスアップスタイル

成人式で家族写真を撮る方が増えてくるシーズンです。子どもが成長するにつれて、家族で写真を撮る機会は減っていくもの。この機会に家族の姿を残し、自分の今も美しく残しましょう。成人式の家族写真にふさわしいドレスアップスタイルを提案します。 

絵になる写真を

主役を引き立て、お子様との調和あるスタイルをめざしましょう。全員の調和がとれている写真は「絵になる写真」として残ります。では、どのようにお子様のスタイルと合わせるか。例えば、お子様の振袖が赤の場合、赤いコサージュをつける。振袖に白が使われている場合は、パールのように白いアクセサリーを添える。このようにお子様の服装のトーンに合わせてイメージしていきましょう。お父様のネクタイの色を振袖の色に合わせるのもよいでしょう。また家族写真は「家族だけのもの」。主役を引き立てながらも地味になり過ぎず、独自のスタイルに挑戦してみましょう。

「ありきたり」ではつまらない

おすすめはドレス。冠婚葬祭のような「改まった機会の定番はスーツ」という方も多いのではないでしょうか? ついつい成人式も控えめなスーツを選びがち。ここは少しイメージチェンジして、ドレスを選んでみましょう。その際に、気をつけたい点をまとめます。 

  • 柄を抑えたものを

振袖の華やかな柄を引き立てるために、母親の服装は柄を抑えたものにしましょう。柄があっても目立たないような、同色系の柄はおすすめです。

  • 色のトーンを抑える

お子様の鮮やかな振袖を引き立てるために、赤やピンクなど鮮やかな色は避け、ベージュやグレーなどトーンを抑えたドレスにしましょう。

  • デザイン、ディテールにこだわる

柄や色を抑えて、デザインやディテールで楽しみましょう。首回りが少し大きめに開いたデザインのものは、華やかな印象になります。ノースリーブ、半袖、七分袖のものも手元が美しく際立ちます。普段よりほんの少し肌を露出することで、特別な装いに変化します。

  • 素材で華やかさを

ベルベットやレースなど、モノトーンを選んだ場合でも、素材で華やかさを演出してみましょう。控えめなラメ入りでほんのり光を放つのも気分を盛り上げます。ジャカード織のものなら、モノトーンでも十分に華やかな印象になります。

  • アクセアリーをポイントに

お子様の振袖にある色をアクセサリーに選んでみましょう。お子様のヘアアレンジとご自身のコサージュを揃えたり、同じ生花を使ったりするのも素敵です。華やかなブローチで色をさすのもおすすめです。

ドレスのアレンジで着回す

せっかくのドレスは結婚式のようなパーティーにも活躍。ノースリーブのドレスにロンググローブを合わせたり、パールやゴールドの華やかなネックレス、コサージュなどでさらにパーティー向けにドレスアップしたりして着回しましょう。パーティー用の小ぶりなバッグとの組み合わせにも配慮して、コーディネートを楽しみましょう。   

普段にも活躍

ジャケットやカーディガン、ボレロを羽織ったりストールでアレンジしたり、あるいはロングブーツを合わせて……。フェルトの中折れハットは合わせるだけで洗練度がぐっとアップするので、普段のドレススタイルにおすすめのアイテムです。成人式の写真撮影以外にも、せっかくのドレスを眠らせるのではなく、オフィスシーンや普段にも着られるアレンジで最大限に活用しましょう。日常にドレスを取り入れて、時には自分の気分が高揚する特別な日を過ごしてみてはいかがでしょう。

文:近藤陽子 Yoko Kondo

fas_party_sm.jpg

関連記事