さり気なくスタイルアップ。寒い日に頼りになるムートンブーツを大人カジュアルに着こなす

可愛くて温かくて、寒い日に頼りになるムートンブーツ。さまざまなカラーやデザインが手ごろな価格で手に入るようになり、誰でも一足は持っているのではないかと思います。しかしその可愛らしい印象から、履くとどこか子供っぽい印象になってしまうと悩む方も多いはず。ちょっとしたコツをつかむだけで、ワンランク上の大人カジュアルを演出できるムートンブーツの、ファッションへの取り入れ方をご紹介します。

狙いはショート丈と2WAYタイプ

ショート丈のムートンブーツは、見た目も軽く歩きやすいだけでなく、使い回しも抜群です。レギンスやスキニージーンズにブーツインして履けて、秋はトレンチコートやロングカーディガンとも相性良し。きちんと感のあるファッションにもやわらかい印象をプラスし、全体的にバランス良く履きこなせます。

また、筒部分を伸ばしたり折り返したり2WAYで履けるタイプなら、ロングを折り返してミドル、ミドルを折り返してショート丈にできるのはもちろん、それだけで印象がガラリと変わるため着こなしの幅も広がります。内側だけムートン使いのレザーブーツなら、オフィスでも活躍。アフターファイブはカジュアルに折り返して、街へ繰り出したいですね。

211405c1.jpg

STEFANO GAMBA/ステファノ ガンバ ベロア×ムートン 2WAY インヒール ショートブーツ

大人カジュアルな履きこなし方

ファッションとの組み合わせによっても印象が変わるムートンブーツ。大人カジュアルな着こなしには、どのようなファッションに取り入れれば良いのでしょうか。

ロングスカートで大人リラックス

大人の女性なら履きこなしたいロングスカート。このロングスカートとショートムートンブーツの組み合わせが、意外にもスッキリとまとまります。カジュアルな印象を持ちながらも、どこか贅沢な大人の余裕を感じさせ、リラックスした雰囲気を醸し出します。

女性らしさを引き立たせるにはロングワンピースが最適。シンプルなタイプならファーベストやファーストールをプラスして上半身にボリュームを。ゴージャス感がアップし、全体のバランスも良くなります。

黒を使わないコーディネートでやさしい印象に

お洒落上級者なら、黒を使わないカラーコーディネートも素敵です。淡いグレーのロングスカートにエンジのショートムートンブーツ、ベージュのロングワンピースにオフホワイトのファーベストと同じ色のショートムートンブーツなどはいかがでしょうか。やわらかく、落ち着いた印象になります。

センタープレスパンツでさり気なく品格アップ

ムートンブーツをパンツスタイルに合わせる場合、レギンスやスキニージーンズをブーツインして履く方は多いはず。そこをあえてセンタープレスパンツで遊んでみましょう。程よいツヤを持つサテン地のストレッチパンツなら、歩くたびにさり気ない上品さが漂うはず。トップスにはざっくりと編み込まれたニットや、絶妙な色艶を放つミンクファーのベストやジャケットなど、大人の余裕たっぷりの大胆な着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか。素材のひとつひとつが、ムートンの質感を格上げし、品格もアップさせます。

ブーツとトップスの色を合わせて統一感を

秋冬のファッションが暗い色になりがちな方は、明るいカラーのムートンブーツを差し色として選んでみましょう。その際のポイントは、足元だけ浮いてしまわないようにトップスの色と合わせること。ジャケットでも良いし、帽子やスカーフなどの小物の色でも構いません。どこかひとつにブーツと同じ色を差すだけでファッションに統一感が生まれ、シンプルな秋冬ファッションをワンランク上の大人カジュアルに演出してくれます。

ムートンブーツでお洒落をワンランクアップ

可愛いだけでなく、大人の女性にぴったりのムートンブーツ。コツさえつかめば、さまざまな着こなしに取り入れて足元の温かみだけでなく品格までアップさせることができる優れものです。今年は新しいテイストのムートンブーツを新調して、秋冬のお洒落をさらにワンランクアップさせませんか?

 文:山下希代 Kiyo Yamashita

fas_boots_t.jpg

関連記事