こなれ感アップ!エンジニアブーツの履きこなし方

エンジニアブーツは、秋冬はもちろん春夏や雨の日も活躍する優秀なファッションアイテム。しかし、ボリューム感があるため着こなしが重たく見えたり、パンツスタイルにしか出番がなかったりと、なかなか履きこなせていないと感じる方も多いのではないでしょうか。パンツスタイルはもちろん、意外にもスカートやワンピースなどのフェミニンコーデにも映え、履くだけでどこかおしゃれ上級者な雰囲気を出してくれる優れものです。そこで、エンジニアブーツに関する基礎知識と、お洒落な履きこなし方をご紹介します。

エンジニアブーツとは?

エンジニアブーツとは、工場で作業する労働者の足を守るためにアメリカで生まれた安全靴です。作業用として使われていたため、靴ヒモなど物に引っかかるようなものはついておらず、くるぶし辺りにバックル付のベルトが付いているのが特徴です。また、常に作業着の裾をブーツインにして履かれていたため、裾が出てくるのを防ぐために筒部の最上部にも小さなバックル付のベルトが付いています。

最近では、安全靴としてではなくファッションの一部として、丈はロングからショート、素材はコットンからベロア、さらには春夏用に涼しげなパンチング加工を施したエンジニアブーツまで、さまざまな種類から好みの一足を選ぶことができます。

秋冬はショート丈が映える

季節を問わずさまざまなデザインが手に入るようになったエンジニアブーツ、ロングかショート丈で迷う方も多いことでしょう。初めてエンジニアブーツを新調するという人には、秋冬のファッションに軽やかに映えるショート丈から始めてみてはいかがでしょうか。ファッションのタイプ別に、ショート丈のエンジニアブーツの合わせ方をご紹介します。

  • スキニーパンツにブーツインで美脚効果

スキニーパンツに定番のブーツイン、美脚効果だけでなく軽やかで活動的な印象にも。中でもリッチな艶を放つポニーファーのものなら、シンプルな大人コーデの中にちょっとした気品と余裕を感じさせます。カラースキニージーンズやタイツに、あえてベージュやグリーン、エンジなどの別のカラーのエンジニアブーツを持ってくると、より軽やかにお洒落度もアップしておすすめです。

123305f2.jpg

  • フェミニンコーデなら甘辛に演出

スカートやワンピースなどの女性らしいフェミニンコーデ、きちんと感のある着こなしにこそエンジニアブーツを合わせてみましょう。パンプスだとどこか堅苦しい感じになるところを、あえて存在感ある男前なエンジニアブーツを合わせることで甘辛バランスが楽しめ、トレンド感がアップします。スエード、ベロア素材、コットン、ヌバックなど異素材を使ったエンジニアブーツなら、マニッシュな印象の中にも優しい雰囲気を醸し出してくれるので、大人の女性にも使い勝手がよいでしょう。フェミニンなコーデにおすすめです。

048109f6.jpg

自分のサイズを選ぼう

ファスナー付きやレースアップブーツとは異なり、そのままスッポリと履くエンジニアブーツ。少し大きめの方が脱ぎ履きしやすいと思われがちですが、大きめだと革が馴染んできた時に大き過ぎると感じるようになるため、ジャストサイズを選ぶ方が良いでしょう。外側がコットンや合成皮革のエンジニアブーツの場合も、履いているうちに多少伸びてくるので、最初は少し大変でも次第に脱ぎ履きしやすくなります。自分にぴったりのサイズを選ぶようにしましょう。

エンジニアブーツで秋冬のお洒落を存分に楽しもう

パンツスタイルだけでなく、スカートなどフェミニンコーデにも映えるエンジニアブーツ。秋冬はスキニージーンズにブーツインしたり、ワンピースに合わせてこなれ感をアップさせたりと、さまざまな場面で頼りになりそうです。すでに履きこなしているという方も、今年は異素材のものやカラーバリエーションを選ぶのも楽しそうですね。早めに新調して、秋冬のお洒落を思う存分楽しんでみてはいかがですか?

文:山下希代 Kiyo Yamashita

fas_boots_t.jpg

関連記事