秋冬のトレンドを先取りして、今から着たいアイテム

晩夏から初秋にかけての季節の変わり目は、涼しくなったと思うと暑さがぶり返すこともしばしば。おしゃれには一苦労する時季です。
「だからといって、夏のアイテムをそのまま着るのは野暮ったい……」。
「定番のアイテムで無難に乗り切るのも少し飽きてきた……」。
そんなお悩みを抱えているなら、トレンドを上手に取り入れてほかの人と差をつけてみては? 今から冬まで着られる、おすすめのアイテムをご紹介します。

ライトグレーで軽やかに季節をまとう

今期の注目カラーである「ライトグレー」は、ダークすぎず軽やかで上品なカラー。シーンを選ばずコーディネイトしやすいのが特徴です。インナーはもちろん、アウターにライトグレーを取り入れれば、暑苦しい印象にならずに季節を先取りできます。
夏に活躍した白ジャケットをライトグレーに変えるだけで、秋らしい雰囲気に。バッグやスカーフなどに、差し色としてライトグレーを使うのもおすすめです。小物を秋カラーにシフトするだけで、グッと秋らしくなります。ただし、ライトグレーは差し色としてはインパクトにかけるので、多用するとコーディネイトがぼやけてしまう恐れも。差し色は2点までにとどめて、濃いめのグレーでグラデーションをつけたり、黒やブラウンで引き締めたりすると、カラーバランスがまとまりやすくなります。

IMG_0013.JPG

このコーディネートを詳しく見る

プリントアイテムが便利!

ペイズリーやボヘミアンテイストの柄もののプリントアイテムが、今期は復活の兆しを見せています。大人でも挑戦しやすいシックや色みなら、フォークロア調に傾きすぎず適度にトレンド感があるので、1枚持っていると重宝すること間違いなしです。プリントの存在感を生かして大胆に1枚で着るもよし、インナーとして内側からのぞかせて、程よくトレンド感を醸しだすのもよいでしょう。
なかでもノースリーブのブラウスやワンピースは、組み合わせ次第で季節感にも変化をつけられるところが便利です。残暑が厳しい時季には1枚で、肌寒くなったらジャケットとあわせれば、冬まで着回すことができます。素材はシルクやジョーゼットなどの上質な素材なら、プリントアイテムでもカジュアルな印象になりません。

IMG_0498.JPG

このコーディネートを詳しく見る

便利なアウターを着倒す

空調が効いた室内や、肌寒い朝晩などに重宝する薄手のアウター。できれば秋だけでなく、冬の羽織アイテムとしても活躍するものを選びましょう。
薄手ニットのロングカーディガンは、オールシーズン使える優秀アイテム。少し大ぶりのロング丈なら存在感があり、初秋のアウターとしてもおすすめです。パンツとの相性がよく、バランスをビッグトップス+コンパクトボトムスにするとスタイルアップ効果も期待できます。


また、定番のトレンチコートも真夏以外はシーンを選ばす活躍する万能選手。さらにショート丈のブルゾンタイプなら、ジャケット代わりに羽織ってもOKです。カジュアルに崩しすぎないためには、素材選びも大切。ハリ感のあるコットンツイルで、きれい目な着こなしを目指しましょう。裏地が着脱できるタイプなら、冬のアウターとしても活躍します。その際は、インにセーターを着たときのボリュームも考えてサイズ選びをすることを忘れずに。

ワンランク上の素材で大人のトレンド感

9月以降はファッションも一気に秋モードに進みますが、夏のアイテムを全て封印する必要はありません。秋冬仕様のカラーやポイントのアイテムを加えて、少しずつ季節感を秋にシフトしていきましょう。また、大人の秋冬ファッションには上質な素材選びも欠かせません。特に、トレンドアイテムはチープな印象に傾きがちなので要注意。素材をワンランクアップして、大人のトレンド感をまといましょう。

 

文:平理以子(Riiko Taira)

関連記事