秋の装いは足元から 通勤が楽しくなる秋シューズ

秋本番!まずは足元から秋を取り入れて、季節を楽しんでみませんか?靴を新調するだけで、おしゃれ感も気分もグッとアップするもの。オフィスで差がつく秋シューズで、秋の通勤を軽やかに楽しみましょう。

素肌を隠すだけで、秋モードに

オープントウやサンダルのように素肌が見えるシューズは避けて、素肌を隠すことを意識したチョイスを心がけましょう。「素肌+サンダル」では、9月以降は大人の足元には寒々しい雰囲気になってしまいます。特にトウは隠すのがマスト。バックストラップのパンプスや人気のグラディエーター風サンダルも、トウの部分が隠れているだけで秋仕様になります。定番のプレーンパンプスに加えて、アンクルブーツ、マニッシュシューズ、オペラパンプスなどを、シーン別に用意しておくと便利です。なかでもブーツは秋からバリエーションが増えるので、秋の装いに一足加えてみてはいかがでしょう。

高保温素材を選んで、しっとりとした足元を演出

暑さが残る初秋は足元がムレやすいので、肌触りがよく、通気性のある夏仕様のシューズを活用したいところ。ですが、季節を先取りするなら、やはり素材選びにもこだわりましょう。なかでもメッシュやジュート、メタリックな質感の素材は夏のイメージが強いので、これからの季節は避けた方がベター。


秋の足元は、エナメルやスエード、ハラコなどの上質な皮革でしっとりと仕上げるのが正解です。大人の女性らしく、落ち着いた足元を演出できます。また、型押し皮革のタイプもおすすめ。トラッドアイテムは秋ファッションの定番なので、トラッド感のある型押しタイプのシューズも秋らしい雰囲気作りにピッタリです。

色が命、おしゃれに見えるシューズカラーとは

形や素材以上に大切なのが、シューズカラーのチョイスです。カラー次第でおしゃれ度がアップしたり、スタイルがよく見えたりするもの。秋におすすめのシューズカラー選びを、ポイント別にご紹介します。

スタイルアップしたい

シューズをボトムスカラーに合わせると、足長効果でスタイルよく見えます。秋らしいスモーキーカラーなら、ボトムス全体がシックに締まって見えるので、下半身がほっそり見える効果も。定番のブラックに加え、ブラウンやワイン、カーキー、グレーなども、秋にはおすすめのカラーです。また、スカートにはベージュやクリームなど、素肌となじむカラーを選ぶと、縦ラインが強調されて足長に見えやすくなります。

個性的なおしゃれを

ボトムスのカラーと反対色にして、シューズを目立たせることで個性的な足元を演出。黒のパンツに、クリームやライトグレーのエナメルパンプスでエッヂを効かせてもおしゃれです。レッドやブルー、グリーンなどの個性の強いカラーも、深めの色みなら秋ファッションのポイントとして活躍するでしょう。シューズを主役に、服装はシンプルにまとめると粋です。

216004c1.jpg

エナメル ウェッジパンプス

秋だから楽しみたいアニマル柄

アニマル柄のシューズをおしゃれのスパイスにできるのも、秋ならではの楽しみ。ハラコ素材なら、素材感もカラーも秋の足元にピッタリです。ブラック×ホワイトのゼブラ柄でセクシーな足元を狙うのもよし、ビビッドカラーのアニマル柄で遊び心を出してみても楽しいでしょう。ブラウンベースのアニマル柄は肌なじみもよく、主張が強すぎないので、アニマル柄初心者にもおすすめです。

ワンランク上のおしゃれで足元を秋の装いに

足元はおしゃれの基本です。ファッションを生かすも殺すも、シューズにかかっているといってもよいほど。形はもちろん、素材やカラーチョイスも季節に合わせるのは、おしゃれ上級者にとって常識ですよね。特に上質な素材が楽しめるのは、大人の女性ならではの特権です。

さあ、秋の足元作りを始めましょう。

 

文:平理以子(Riiko Taira)

fas_pumps_t.jpg

関連記事