デニムのカジュアルアップで新エレガンスをめざそう

デニムで見せる、心地良いエレガンス。今シーズンのデニムはバリエーションが豊富で、これまでのデニム素材に対する意識が変わります。デニムを取り入れ、カジュアルスタイルだけどどこか気品を感じさせる、カジュアルダウンならぬカジュアルアップで、新しいエレガンスをめざしませんか。

丈夫で動きやすい万能素材

デニムと言えば、丈夫で動きやすいのがウリ。デニムを使用したジーンズは、もともとアメリカで鉱夫の作業着素材として使用されていました。デニム生地にリベットでポケットを補強したジーンズは、耐久性が評判を呼び、その後、世界に広まります。デニムを使用したアイテムは、生地自体もさることながら、ステッチ使い、ポケットの仕様など縫製をしっかり施すのも特徴で、軽快な動きにもタフに応えてくれます。しっかり素材でも、コットンならではの快適さがあるのもうれしいポイント。機能的でまさにアクティブな女性に最適な素材と言えます。

大人の女性はデニムを敬遠?

カジュアルの代表選手とも言える、デニム。ラフな印象、ジーンズだとみな同じに見えてしまう……。こんなバッドイメージのためにデニムが苦手な方も、そんな先入観を覆す着こなしで差をつけましょう。ファッションデザイナーがコレクションに取り入れ、徐々にハイファッションの中にも取り入れられてきたデニム。デニムのデザインバリエーションは広がり、ステッチの色を目立たせたり、レースを縫い合わせたり、パッチワーク、刺繍とディティールに至るまでデニムの発展はとどまるところ知らず。今やデニム抜きではワードローブが成立しないほど多様に変化してきました。エレガンスな着こなしにもデニムを取り入れ、「大人カジュアル」の幅を広げましょう。

自分に合うデニム探し

こんなに多様化してきたデニム。自分に合う独自のデニムを見つけるのは楽しい発見です。

  • アイテムでは
    定番のジーンズやデニムジャケット以外のものに目を向けてみましょう。スカートや、ドレス、ベストなど自分に似合うデニムアイテムは? ひざ丈のデニムタイトスカートなら、大人の着こなしにピッタリ。普段はデニムを身につけない人にも取り入れやすいアイテムです。

IMG_0370.JPG

カモフラージュプリント デニムスカート

  • 丈を変えてみる
    デニムパンツはジャスト丈のものを普段身につけている方が多いのではないでしょうか? クロップドパンツで軽快な印象にトライするのもよいでしょう。ロング丈のシャツやニットとも合わせやすく重宝します。ブーツとの相性も良いので、秋冬に大活躍するでしょう。
  • 色、柄
    「デニムの色はブルー」という固定観念にとらわれず、ブラックデニムやホワイト、グレー、プリントものにトライしてはいかがでしょう。カジュアルアイテムでありながら、エレガンス度がアップします。

大人デニムの着こなし術

カジュアルデニムからエレガントな大人のデニムにシフトするためのポイントはなんでしょうか。
例えばブラウスと合わせる、ロング丈のニットやジャケットと合わせるなど、フェミニンなアイテムと合わせてみるといいでしょう。襟ぐりが大きく開いたニットもデニムと合わせるとグッと全体をエレガントで艶っぽい印象に変えてくれます。デニムにあえてフェミニンなコーディネート。意外性のある組み合わせで、デニムを上品に着こなしましょう。


また、対極に、マニッシュな大人のデニム使いもオススメです。デニムベストでシンプルなコーディネートにアクセントを。デニムのテーラードジャケットなら程よいきちんと感のあるカジュアルに。サングラスや帽子などを合わせて、クールな大人を印象づけるのも効果的です。この秋、デニムを用いたコーディネートがますます楽しみになります。

近藤陽子

fas_denim_sm.jpg

関連記事