ディティールで差をつけよう!秋の脱定番アウター

秋、コートやジャケットは毎日でも着たい重要アイテム。それだけに、ベーシックなものを選びがちです。定番アイテムでは物足りない! 普段は冒険が苦手でも、ディティールを変えるだけでグッと新鮮に。この秋、新しい自分を楽しむ脱定番アウターをご紹介します。

秋のアウターはバリエーション豊富

気分は秋でも必ずしも毎日涼しいとは限りません。コート、ジャケット、ブルゾン、ベストなど、温度変化の激しい秋に対応するアウターバリエーションをアイテム別に見ていきましょう。使い分けのヒントにして、この秋の新たなワードローブに加えたり、手持ちアイテムの組み合わせを新鮮なものに変化させたりしてみませんか。

コート

秋のコートは万能アイテム。丈の短いスカートやハーフパンツなど、ジャケットではバランスが取りづらいときには、コートでボトムスの丈を隠してしまうことでコーディネートがキマリます。素材は非ウール、もしくはウールなら薄手のものを選びましょう。インナーを工夫することで、冬まで長く着られます。

ジャケット

ジャケットの多くは襟付き前開き。特にテーラードのジャケットは、オンのカッチリしたシーンはもちろん、マニッシュな印象にしたり、コーディネートをハードに仕上げたりとオフシーンにも欠かせないアイテムです。秋ならレザー素材のジャケットに挑戦してみるのはいかがでしょう?

IMG_0027.JPG

ブルゾン

ジャケットのなかでも丈が短めで、裾が絞られている活動的なものを指します。ジップアップのものが主流で、アクティブな印象の着こなしに。パンツはもちろん、ミモレ丈やロングのスカートにもよく合います。

ベスト

ベストはシャツやカットソーに合わせて。まだまだ薄着で単調になりがちな秋のコーディネートにアクセントを加えてくれます。ボタンをとめてきちんとした印象にしたり、外してラフに着こなしたり、変化球の装いを楽しめるでしょう。

プリントや素材の変化を楽しもう

重ね着するには、まだ暖かい初秋。トレンチコート、テーラードジャケット、ブルゾンなどの定番アイテムも、ディティールや柄に変化のあるものを身につけ、存在感のある着こなしに挑戦してみましょう。プリント柄、襟なし、無地と柄のリバーシブルなど、今シーズンはバリエーションが豊富。定番デザインでもツイードやジャガードなど変化のある織生地やレザー素材など、素材で幅を広げてみるのもおすすめです。

注目すべきは“秋色の夏素材”

初秋にまず注目したいのは“秋色の夏素材”。ベージュのコットン、茶色のナイロンなど、秋の色ながら素材は薄く軽い夏素材のものを。こんなアウターなら、一日の気温差が激しい秋に大活躍です。

ディティール効果で脱定番の秋コーディネートを

アウターのそれぞれのディティールを生かしたコーディネートを考えてみましょう。
ダブルブレストのコートはきちんとした印象に。コートのベルトは締めると上品さがアップします。ライナー付きのコートは、秋から冬にかけて長く着るには持ってこいのアイテムです。


テーラードジャケットの細いラペルはフェミニンな印象に。ウエストラインがシェイプされたジャケットは、ボディをほっそり見せてくれるでしょう。このウエストのシルエットは重要で、内側の体のラインは見えないものの、ウエストのラインで全体の印象が大きく違ってきます。


ドルマンスリーブは、ローゲージニットに合わせるのに便利。袖が細めのアウターはインナーに着るものが限られますが、ドルマンスリーブなら厚手のニットも難なく着こなせます。

このように、ディティールに注目してコーディネートの幅を広げることは、オシャレのスキルアップにつながります。個の秋、いろいろな組み合わせを試して脱定番を目指してみてはいかがでしょうか。

 

文:近藤陽子 YOKO KONDO

関連記事