アクティブな旅をオシャレに彩る!カジュアルブルゾンのコーデ術

旅に重宝するカジュアルブルゾン。スポーティーになりすぎず、甘さをプラスしてオシャレな着こなしを。カジュアルアイテムをワンランク上の大人の着こなしに見せる工夫をご紹介します。

カジュアルアイテムをシックに着こなす

シワになりにくいブルゾンは、旅だけでなく普段バッグにしのばせるにも重宝します。冷房の効いた車内でも大活躍のアイテムです。気をつけたいのは、スポーティーになりすぎないようにすること。日常の延長のようなスタイルで、旅先でも自分らしい着こなしを心がけたいものです。旅先で便利なナイロンやポリエステル素材のブルゾンはカジュアルになりがち。合わせるアイテムを工夫し、大人のカジュアルを目指しましょう。

合わせるアイテムの選び方

靴ならスニーカーよりもサンダルやフラット・シューズを。旅だからと靴だけ必要以上にスポーティーなものを選ぶよりも、動きやすくて全体的に調和のとれたものを選ぶことが大切です。

246901f1.jpg

〈クロールバリエ〉洗える軽量バレエパンプス

バッグはナイロン素材よりもコットンやレザー素材を。レザーや塩化ビニールのショルダーバッグにコットンのトートバッグなど、両手があくスタイルはアクティブな旅に便利です。このように合わせるアイテムの素材選びを見直して、旅に出てもシックな着こなしで差をつけましょう。

また、フェミニンなアクセサリーを活用して甘さをプラスするのもおすすめ。上品なシルバーアクセを加えるだけでも、シックな印象になります。そのほか、サングラスもオシャレ度を簡単に上げられる便利なアイテムです。大きめサングラスで一目置かれる存在感を演出してみては?

ディティールで変化をつける

ちょっとした着こなしの工夫でオシャレ度がアップします。例えば、ブルゾンの袖口を折って、袖口を短くするだけでも軽快な印象に。インナーが見えるようにフロントを開けて着るのも変化をつけられます。

ボタンなら上のほうだけとめてみるなど、カジュアルなブルゾンでもディティールを少し変えるだけで印象がグッと変わるので、試す価値アリ。胸元が大きく開いたインナーと合わせて、フェミニンな印象にするのもおすすめです。

582701c1.jpg

「イタリア素材 配色ストライプパーカ」表はブルー×ホワイト、裏はグリーン×ホワイト。フード裏や折り返した袖からちらりと好感度をぐんと上げてくれそうです

ハーフパンツを合わせて、アクティブな休日スタイル

ハーフパンツは意外とワードローブに少ないアイテムではないでしょうか? ブルゾンをハーフパンツに合わせてみるのもおすすめです。ショートパンツは苦手でも、丈が短すぎないハーフパンツなら動きやすく、抵抗なくコーディネートに取り入れられるでしょう。休日のスタイルに重宝すること間違いなしです。

166802c1.jpg

リネン混 シャンブレー ストレッチ ハーフパンツ

ハーフパンツにはカジュアルコートもよく合います。フード付きならレインコート代わりにも使え、便利です。また、ハーフパンツをロング丈のニットに合わせてみてもよいでしょう。アクティブながら意外と着こなしの幅が広がるハーフパンツ。夏のオシャレに取り入れ、新鮮なスタイルを楽しんでみてください。

スカートと合わせてフェミニンに演出

意外に思うかもしれませんが、カジュアルブルゾンにフェミニンなスカートを合わせてみても味違ったスタイルに。シンプルなブルゾンにプリント柄のスカート、レース使いのスカートなどもステキです。ロングスカートに合わせるなら、アウターの丈は短めのものを選びましょう。また、サンダルを合わせる際には編み上げタイプがスカートによく合います。

素材で大人らしく着こなす

一見カジュアルなアウターも素材選びで違った印象に。フード付きブルゾンでも、ハリ感のあるものなら、カジュアルな印象のボーダー柄などもシックに演出してくれます。

166803c1.jpg

バイオ加工 モッズ風コート

配色が印象的なブルゾンもぜひ挑戦してみたいアイテム。リネン素材のアウターならシックに見せてくれます。同じアイテムでも素材の違いに目を向けて、夏のオシャレを楽しみましょう。

文:近藤陽子 Yoko Kondo

関連記事