夏スカーフ/ストールとことん活用術

冷房対策や日焼け対策として、夏に便利なスカーフ。ファッションスタイルによっていろいろな巻き方をアレンジしてみたいあなたに、この夏使えるスカーフの種類や巻き方のアレンジを紹介します。大判のスカーフをカーディガンのように羽織るスタイルや、ワークスタイルにぴったりな結び方のアレンジなど、この夏はスカーフでおしゃれ上級スタイルに挑戦しましょう。

無地のスカーフは必須アイテム

パンツスーツの仕事スタイルや、ダークカラーでまとめたシックなお出かけスタイルには、無地のスカーフの首掛けスタイルがおすすめです。上品な印象にするには、二重に巻いたり、結んだりするよりも、サッと首に掛けるだけのシンプルなスタイルがおすすめです。カラーは、服と同じダーク系を選んでもOKです。同系色でも、スカーフは十分ポイントになりますが、少しだけアクセントを付けたい場合はフリンジ付のスカーフにするとよいでしょう。

581901c1.jpg

「インドハンド刺繍 リネンストール 」同色の糸で刺繍を施した、繊細な表情のストール。上質リネンだから夏でもさらりと涼やかな着け心地。

スカーフの定番、フラワープリント

フラワープリントは淡いカラーのものよりも、はっきりとした派手なカラーのものがトレンドです。思いきって、大きめのパターン入りの華やかなプリントを選びましょう。

シンプルなカジュアルスタイルに派手なカラーのフラワープリントスカーフを首掛けするだけで、おしゃれ度はグッとアップします。

また、無地のトップスと柄物のボトムスに、フラワープリントスカーフで、柄 on 柄にまとめるのも、今シーズンのトレンド。この場合は、スカーフを首に一重だけ軽く巻いて着ると、全体的にバランスがよくなります。 柄 on 柄のコーディネートは、おしゃれ上級者スタイルとしてぜひ挑戦したいスタイルです。スカーフでの柄合わせなら初心者にも簡単です。

無地のワンピーススタイルにも活躍のフラワープリントのスカーフ。冷房対策として、カーディガン風に使ってみましょう。やり方は簡単です。大判のスカーフを広げて三角に折り、シンプルに肩を覆うように羽織るだけ。垂れ下がった両端は腕と体の間に挟み、背中側に流しましょう。無地のワンピースにフラワープリントでゴージャス感が出る以外にも、室内での冷房対策として大活躍です。

190702c1.jpg

「bx/ビーエクス 更紗ローン ストール」コンパクトに巻いてアクセント使いにするのはもちろん、ふわり羽織って柄を楽しむのもオススメ。

マニッシュなストライプ柄

次はストライプのスカーフ。メンズライクな印象もあるストライプは、あえてフェミニンなスカートスタイルに合わせましょう。グレー系や白、ベージュ系など、大人らしいカラーのスカートコーディネートに、少し派手なカラーミックスのストライプのスカーフを用意します。右と左の長さを変えて、首に一重巻きにすると、マニッシュなスタイルのできあがり。
また、首に二、三重に巻いて、下に垂れる部分を短くすると、表情が明るく見えます、首もとにポイントがあるため、スカートとのバランスがよく、脚長効果も期待できます。

デニムスタイルでのスカーフ使い

デニムを履く場合には、カジュアル感のある柄物がおすすめ。無地のTシャツを合わせて、首にぐるぐる巻きにして、思いきりカジュアル感を出すのもよいでしょう。

また、シックな柄の長めのスカーフを、首から掛けて、デニムにまでかかるほど長く垂らすのも、今トレンドのロックなスタイルでおすすめ。ここで、大人っぽく差をつけるのがフリンジです。ブラックやベージュなど、大人カラーのスカーフでも、フリンジが付いていると、カジュアル感が出て、大人カジュアルとしてまとまりやすいのです。
特に、デニムとフリンジは相性もバッチリなので、無地のスカーフを使う場合は、フリンジ付きのものを試してみてください。ネクタイのように、前でひとくくりするのも、アクセントになりますよ。

N39614c1.jpg

「レオパードプリントストール」薄手のエアリーな軽さが特徴のコットンアクリルの素材暑い夏の日も、秋の装いにも、素敵なアクセントを演出してくれます。

ジャケットの中にスカーフを隠す

夏でも、仕事スタイルやお出かけスタイルでジャケットを着ることは多いですよね。そんな時におすすめは、中にスカーフがちらっと見えるスタイルです。
三角に二つ折りにしたスカーフを首から掛けて、ジャケットは前を留めずに羽織るだけです。左右にスカーフの柄がちらりと見えて、コーディネートにおしゃれなアクセントとなります。

200008c1.jpg

「シルクツイル ドットプリントスカーフ」種類の異なるドット柄を並べてハンドプリントした長方形の生地を、対角線を縫い合わせて筒状にした新鮮なデザイン。

スカーフは個性的で難しい! と思われがちですが、実はコーディネートを簡単におしゃれにまとめてくれる、便利なアイテムです。プリント柄、無地、ストライプなど、さまざまなスカーフで夏のおしゃれを楽しみましょう!

文:フレシュラスともみ Tomomi Flesuras

fas_stole_sm.jpg

関連記事