大人が着こなすフレアスカートのコーディネート術

最近、スカートをはく日が減ってはいませんか? パンツファッションは動きやすいし、マニッシュなスタイルが定番になりがちに……。でも、大人の女性が品のある可愛さを演出するには、パンツよりもスカートが効果的です。男性に対しても、女性に対しても、好感度の高い女性らしさをアピールできます。今年に入って、ますます流行中のフレアスカートを大人っぽく着こなすコーディネートをご紹介しましょう。

スカート丈で変わる、アプローチ方法

フレアスカートは、スカート丈によって印象が大きく変わるため、お出かけシーンに合ったものを選んで、大人の着こなしを目指しましょう。

ロング丈で落ち着いた大人スタイル

どんな人でも試しやすいフレアスカートの丈はロング。大人らしい上品さがありながら、チラッと見える足が女らしいセクシーな印象も与えてくれます。普段はパンツルックスタイルが多い人も、普段と雰囲気を変えてお出かけしたいときには、ロング丈のフレアスカートに変えてみては。いつもと違うやわらかい女らしさが演出できます。

187902c1.jpg

DANIEL HECHTER/ダニエル・エシュテル リネン チェック フレアーロングスカート

ミドル丈で軽やかな着こなしを

ひざがちょうど隠れる長さのミドル丈のフレアスカートは、品のあるクラシカルな雰囲気が、落ち着いた大人の女性らしさを引き出してくれます。軽やかなフレアの動きが、習い事やショッピングなどのシーンで、若々しくはつらつとした印象を与えてくれます。また、ミドルのスカート丈は、ボディコンプレックスを隠しやすいという利点もあり、持っていると便利なアイテムです。

ミニ丈フレアを上品に楽しむ

ミニ丈のフレアスカートを大人らしく着こなすなら「膝上5センチ」を選びましょう。フレアのやさしいシルエットが、ミニ丈でも上品な印象を与えてくれます。街ファッションでは、「膝上5センチ」がおすすめですが、夏のビーチやリゾート地などでは、思い切ってマイクロミニのワンピースやリゾートドレスを楽しむのもよいですね。

素材の選び方で印象が変わる

同じフレアスカートでも素材によって印象は大きく変わります。たとえば、スカート裾が体の動きに併せて遊ぶような柔らかな素材ならばフェミニンながらもアクティブな印象に。特にジャージー素材などカジュアル感のある素材であれば、過度に女性的になり過ぎず、リラックスしたスタイルを楽しめます。逆にハリ感のあるシルク素材や少し厚手のものなど、フォーマルでゴージャスな印象に。特に光沢のある素材を選べば、パーティーシーンなどにもぴったりの華やかな印象を打ち出せます。

オンタイムの無地フレア、オフタイムの花柄フレア

フレアスカートは、無地か花柄かによって、その印象がガラリと変わります。仕事用には、黒、白、紺などの無地のフレアスカートが重宝します。トップスにブラウスやサマーニットなど、コーディネートしやすいのも魅力です。

IMG_0006.JPG

アイレットレース タックフレアースカート

休日用は、ビビッドカラーの大判の花柄フレアがおすすめ。花柄は大きくなればなるほど、大人っぽさが増して、セクシーな雰囲気を演出できます。オンタイムの無地フレア、オフタイムの花柄フレアと、シーンに合わせて選ぶのがおすすめです。

IMG_0201.JPG

フラワープリント タックフレアースカート

文:山田陽子 YOKO YAMADA

関連記事