初夏の大人ネイルを10倍楽しむ美ハンド術

おしゃれな女性の間で定番のネイルアート。今シーズンは、元気なイエローカラーや磨りガラスのような風合いが特徴的なフロスティーカラーなどが人気ですが、トレンドに流され過ぎると、手元だけが浮いてしまう恐れもあるので要注意です。大人の女性ならではのネイル使いで、美しい手元を演出しましょう。

オンとオフのネイルカラーどう使い分ける?

ネイルもオンとオフでしっかり使い分けてこそおしゃれ上級者です。手元と服装がちぐはぐな印象にならないよう、トータルコーディネートを心がけましょう。

オンは透明感のある手元を

ビジネスシーンではネイルも控えめに抑えたいところ。スーツにも合わせやすく、清潔感のあるネイルをチョイスするのが正解です。

カラーは女性らしい品のあるヌーディーカラーがおすすめ。ベージュベースにピンク系やゴールド系など、透明感があり、肌なじみの良いカラーを選びましょう。年齢を重ねた肌は少なからず、乾燥やくすみが気になり始めています。ホワイトが強いカラーは、かえって地肌とのギャップに年齢が現れてしまうので、肌を美しく見せるカラーチョイスを心がけることが大切です。

デザインは同色系のカラー2色を使ってフレンチネイルやグラデーションネイルを作ってみてはいかがでしょう。同色系のカラーを使うことでデザインが目立ちすぎません。

オフはTPOにあわせて

オフはネイルが思いっきり楽しめるチャンス。シーンに合わせてネイルアートを楽しむようにしましょう。華やかなパーティーならゴールドやピンク系がおすすめ。青みを帯びたピンクカラーなら指先のくすみも気になりません。カジュアルなシーンならオレンジベージュで明るい指先を演出してみてはいかがでしょう。ベージュベースなら指なじみが良く大人の指先でも浮いた印象にはなりません。またデコレーションをするときは、ワンポイントに留めて各爪で違う表情をつけるとおしゃれ度がアップします。

ネイルを楽しむときの注意点

ジェルネイルやスカルプチュアネイルは、特殊なジェルに光を照射して爪に定着させるので、長持ちすることやお手入れが簡単なことで人気です。

しかしこれらのネイルを楽しむときには、注意も必要です。長期間ネイルをつけっぱなしにすると、爪が緑色に変色してしまうことがあるからです。これはグリーンネイルと呼ばれる症状で、ネイルと地爪の間にできた隙間から水が入り「緑のう菌」という細菌が繁殖することが原因です。ネイルは1ヶ月以内が外す目安とされています。まだきれいに見えても、1ヶ月以上ネイルをつけたままでおくことは止めましょう。ハンドクリームで保湿ケアをすることも忘れずに。できればUVカット機能のあるハンドクリームを使って、手元の美白にもこだわりたいところです。

ネイルカラーと合わせて楽しみたいリング使い

ネイルカラーと合わせて楽しみたいのが、指先のおしゃれです。ネイルに合わせてカジュアルなリングも楽しみたいもの。普段はあまりつけない人差し指や小指、親指リングなどもおしゃれです。

これから夏にかけては、桜色やマリンカラーなどの季節感のあるモチーフリングでかわいく仕上げてもよし、シェルやガラス製などの異素材を使った太めのカジュアルリングも楽しいでしょう。

036206c1.jpg

「イタリア製 MIA ネブローザ リング」 イタリア・ムラノ島のマエストロ達によって生み出される「MIA(=MuranoItalianArt)」のジュエリー。由緒正しいヴェネチアンガラスを身近に、そしてモダンな感覚で愉しめる珠玉の逸品です。

指先のおしゃれで仕事が楽しくなるかも?

毎日目にする指先を少しおしゃれにするだけで、気分が良くなることもあるのではないでしょうか。パソコンのキーボードを打つのが楽しくなるような指先なら、毎日の仕事だって楽しくなるかもしれませんよ。

文:平理以子Riiko Taira

関連記事