夏の品格は足元から。失敗しないサンダルの選び方

街やファッションが鮮やかなカラーに包まれる夏、今年も新しいサンダルを新調しようと考えている方も多いでしょう。サンダルは色やデザインなど見た目重視で選びがちですが、履き心地の悪いサンダルを無理して履き続けると、足の痛みにつながり、放っておくと身体に悪い影響を及ぼします。だからと言って、履き心地ばかり重視した機能性サンダルばかりでは、夏のおしゃれは楽しめませんよね。今年こそサンダル選びに失敗したくない人へ、選び方のコツをご紹介します。

間違ったサンダルが及ぼす身体への影響

歩きにくいサンダルを履き続けていると、靴ずれやマメができてしまうというのは皆さんも経験したことがあると思います。こうした足の痛みを抱えて歩き続けると、ふくらはぎや足の指先に必要以上に力が入って姿勢が悪くなってしまい、腰痛や内臓の機能にも影響が出るなど、足以外の部分にも悪影響を及ぼします。合わない靴を履き続けることによって外反母趾に悩む人も多く、放っておくと足全体に変形が進み、普通の靴を履くのも痛いという事態に。

チェックすべきポイント

女性のサンダルと一言で言っても、ビーチサンダルのようなトングタイプ、オープントウやバックストラップ、ウェッジソールなど異なるタイプがあり、レザーやエナメルなど素材も多岐に渡ります。どのようなサンダルが歩きやすいのか、ポイントをご紹介します。

  • 足の甲に余裕があり過ぎないもの

夏は足も汗をかきやすく、ヒールのあるサンダルの場合は思ったより前滑りするものです。その時、足の甲に余裕があり過ぎると、前滑りを食い止めようとふくらはぎや足の指先に力が入ってしまいます。また、逆に甲がきつ過ぎると、靴ずれの原因になるので、足を動かせる程度のゆとりがあり、脱げない程度に足の甲を押さえてくれるものを選びましょう。

  • 歩くとき、かかとが常にくっついてくるもの

足の甲の部分にはある程度の余裕が必要ですが、かかとはプカプカ浮かずサンダルにフィットする方が疲れにくくおすすめです。サイドのストラップは必ず調節できるものを選びましょう。ストラップがゴムになっているタイプは伸縮性があるので、足になじんで歩きやすいでしょう。

  • 土踏まず部分の靴の幅が、細すぎないもの

土踏まずの部分、つまりサンダルの中央部分が極端に細いサンダルがありますよね。見た目がキレイで、試着時もそれほど気にならないように感じますが、実際歩き続けると履き心地は変わってくるようです。土踏まずの部分にしっかりとした底がない場合、足の甲と同様、ふくらはぎと足の指に負担がかかってしまいます。土踏まずを靴底にしっかりつけて歩くと、足に入る力が分散されて疲れにくいものです。土踏まずと靴がきちんとフィットするものを選びましょう。

  • 足首が適度に固定されているか

足首にストラップがあると、前滑りを防ぐことができ、歩きやすくておすすめです。しかし、ストラップがきつ過ぎる場合は、くるぶしの部分が靴に当たって靴ずれの原因に。ストラップをとめた時に、靴とくるぶしの間に指1本入る程度の余裕があるとよいでしょう。

198102c1.jpg

「バックストラップ ウェッジサンダル」スタイリスト青木貴子さんとのコラボレーション!9.5cmの脚長効果がありながら、厚さ4cmのストームがヒールの高さを和らげ疲れにくいと評判。

今年こそ、納得の一足を

サンダルを選ぶポイントを押さえたら、次はどのようなタイプのサンダルにするか、考えてみましょう。オープントウのエナメル素材なら、女性らしい品格ある足元を演出でき、見た目軽やかなウェッジソールなら、足の衝撃を和らげるので疲れにくいという優れた機能面も人気の理由です。今年こそは、見た目・機能ともに納得できる、お気に入りの一足を見つけましょう。

文:山下希代 Kiyo Yamashita

関連記事