雨に負けない!梅雨の日を快適にする「歩き方」と「レイングッズ」

梅雨の時季は、どうしても外出が億劫になります。特に足元が雨でぬれると、1日中気分もブルーになってしまいますよね。足元をぬらさずに快適に過ごすためには、正しい歩き方と上手にレイングッズを活用することがポイント。ちょっとした工夫で、雨の日が断然快適になりますよ。

足元がぬれる原因

雨が降ると、ちょっとした短い道のりでも、靴がびしょびしょになってしまう……。それは、歩き方が原因かもしれません。まず、自分の歩き方を思い出してみましょう。早く雨から逃れようとして、大またになってはいませんか? 大またで歩くと、つま先の水の跳ね上がりがひどくなるため、靴がぬれやすくなります。

また、傘のさし方にもぬれる原因が。傘をまっすぐにさすと、歩く際に前方からの雨を防ぎにくくなり、足元に雨がダイレクトに当たります。さらに高めにさすと、下半身に雨が当たりやすくなり、こちらも靴をぬらす原因になります。

ぬれない歩き方のコツ

足元をぬらさずに歩くためには、まずは上に紹介した原因を改善することが大切です。次のポイントを参考に、歩き方や傘の持ち方を見直してみてください。

歩き方

まずは大また歩きをやめて、小またで歩くようにしましょう。その際、少し内股ぎみにすると、雨の跳ね上がりを最小限にとどめることができます。また足早に歩くのもポイント。靴が地面に着地している時間が長いほど、雨が染み込みやすくなるので、できるだけ足を早く運ぶようにしましょう。

傘の持ち方
傘は進行方向に向けて低めにさすのがポイントです。ただしあまり傾けすぎると、傘の水滴が足元に落ちてくるので、かえって靴のつま先がぬれやすくなってしまいます。視界をふさがない程度に軽く傾けるようにしましょう。

通勤時に取り入れたいレインアイテム

雨の日の通勤を快適にするためにおすすめしたいのが、おしゃれなレインアイテムを使ったコーディネートです。レインアイテムに野暮ったいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、ここ数年でとても洗練されたデザインのレインアイテムがそろうようになりました。

レインコート

レインコートは、無地だけでなくデザイン性の高いアイテムも登場しています。アニマル柄で遊ぶもよし、千鳥格子柄でシックにまとめてもよいでしょう。ベージュやネイビーのトレンチタイプを選べば、雨の日ではなくても違和感なく羽織ることができます。

047801c1.jpg

細かい千鳥格子の生地にチンツ加工と撥水加工を施した優秀素材を用いた「マリーニ&チェコーニ社 リネンチンツモッズコート」

レインシューズ

足元はレインシューズがおすすめ。長靴タイプのブーツは抵抗があるという方も、パンプスタイプのレインシューズなら、そのままオフィスで使用できます。パンプスタイプ以外にも、ローファーやレースアップタイプなどもオフィスで重宝しそうです。足首まで隠れるアンクル丈のレインブーツもデザイン性の高いタイプが登場しています。オフの日のお出かけはもちろん、ヒールが高めのタイプなら雨の日の通勤にも違和感なくマッチします。ただしオフィスでは蒸れやすいので、オフィス用のシューズを用意しておくことをおすすめします。

152205c1.jpg

大人気のハンターからコンパクトに丸められる雨天対応のバレエシューズ!「HUNTER/ハンター フラットレインパンプス」

日ごろは折りたたみ傘を持ち歩いているという方も、梅雨の時季は大きめの傘を持参しましょう。荷物が増えるのは面倒ですが、雨が強くなったときに、折りたたみタイプでは心もとない印象です。カラフルな傘やもち手のデザインが凝っているタイプなら、おしゃれのスパイスにもなり、持ち歩くのも楽しくなります。通勤ファッションは冒険できないという方も、傘なら大丈夫! 梅雨のお楽しみに、新しい傘を新調してみてはいかがでしょう?

194001c1.jpg

ほっこりとしたビーンズ柄をちりばめたアンブレラ。アート性のある色柄で大人可愛く持てます。「アツコマタノ ビーンズ柄 アンブレラ」おそろいのレインコートもご用意しています。

備えあればさらに安心

雨で足元がぬれてしまうと、仕事に集中できないばかりか、体を冷やし体調不良の原因にもなります。万が一に備えて、替えのストッキングやオフィス用のシューズなどを用意して、梅雨の時期を快適に乗り切りましょう!

 

文:平理以子 Riiko Taira

関連記事