脚やせを演出するボリュームシャツのコーデ術

流行に左右されず、いつの時代もかっこいい女性たちが愛用しているシャツアイテム。着ている本人が動きやすく、心地よいだけではなく、周囲にも好感度をあたえるため、人と会う場面にも重宝します。オフィス用、休日用、デート用など、シーンに合わせながら、旬のエッセンスを取り入れて、おしゃれ達人を目指しましょう。

Yラインの法則

スキニーパンツが流行っていても、お尻や太ももにぴっちりしてしまって、どうも気になってしまう。店頭のポスターや雑誌のモデルたちは格好良く着こなしていても、みんなが抜群の美脚を演出できるとは限りません。しかし、スキニーパンツが脚やせ効果があるのは事実。そんなときこそ、お尻、お腹、太ももをうまく隠せる、少し丈が長めのボリュームシャツがおすすめです。

着やせ、脚やせの法則はYライン。「ロングのトップス×コンパクトなボトム」という着こなしです。アウターやトップスにボリュームのあるものを合わせて、ボトムスはスキニーパンツやショートパンツなどコンパクトですっきりしたものを合わせることが着やせの鉄則です。また、シャツは第二ボタンまではずして、襟を少し後ろにひっぱって胸元や鎖骨を見せることで、さらに華奢に、女らしさをアピールできる効果があります。それでもスキニーパンツのピチピチ感が気になってしまう人は、2015年流行のトラウザーパンツを合わせてみてはいかがでしょうか。お尻や太もも部分には余裕があって、足首がキュッとしまっているので、ボリュームシャツとの相性もぴったりで下半身もすっきり見えます。

どんなシャツを選んだらいい?

春、夏、秋と季節をまたいで長く着られるボリュームシャツは、2015年の流行アイテムとして数々の有名ブランドから発売されています。サイズが少し大きいだけに、体が大きく見えたり、太ってみえたりしないか、どんなシャツを選べばよいか迷ってしまいますね。着やせ、脚やせして見えるコーデ術を知っていれば、シンプルなシャツをTPOにあわせて、どなたでも美しく着回せます。

さわやか大人女子の定番白シャツ

誰もが1枚は持っていたい白シャツ。白は膨張色でもあるため、ボトムスには濃い色を合わせましょう。黒やネイビーを合わせれば、フォーマルウェアとしても着回せます。ピアスやネックレスにパールを合わせるとよりいっそう清楚に! かたや、カジュアルなデニムアイテムとの相性も抜群です。インナーにボーダーTシャツを合わせるコーデは定番中の定番ですが、ボリュームシャツとの組み合わせることで、流行コーデに早変わりします。

196602c1.jpg

タックデザイン シャツチュニック

高い台襟からシャープに広がるカラーとダブルカフスが華やか。ストレッチ素材で着心地も◎!

無地、チェック、ストライプ。選べるブルー系シャツ

職場で少しお固いイメージで着こなしたいなら、ブルー系の無地やトラッドストライプシャツがおすすめです。シャツの裾はボトムスの中に入れて、ウエスト部分はキュッと締めましょう。スリム系パンツやタイトスカートを合わせればYラインの法則で美脚効果もあります。ボリュームシャツは動きやすいため、働くためのワークウェアとしては最適です。シルクサテンやシフォン生地を選べばさらに上品な印象に。

196301f3.jpg

タンクトップ付き ピンストライプシャツチュニック

シャツの胸元は前ボタンでV開きやU開きに表情が変化するスキッパータイプ。

また、チェックシャツは昔から不動の人気柄。コットンやリネン製のチェックシャツなら、家族とのお出かけにもぴったり。家庭的でやさしい印象が出せることもボリュームシャツの魅力です。ボトムスにサファリパンツやバミューダーパンツを合わせれば、子供の一緒に過ごすアクティブな予定でもストレスフリー。

アウターとしても大活躍

春先や初夏は、気候が不安定な時期です。小雨が降ったり、ちょっと肌寒い日でも、ボリュームシャツが1枚あればコートよりもかさ張らないアウターとしても便利です。脱いだ時は腰に巻いたり、肩がけしたりすれば違ったコーデにイメージチェンジ!

このように、ボリュームシャツ1枚で脚やせ、着やせ、さまざまな着回しができます。お気に入りの1枚を見つけて、今風なおしゃれを楽しみましょう。

文:山田陽子 Yoko Yamada

関連記事