スプリングコート、モード&カジュアルに着こなす!

アウターが手放せない春先は、薄手のコートが大活躍。トレンドのモード&カジュアルな着こなしで、毎日のお仕事スタイルに変化をつけましょう。便利なショートブルゾンやトレンチコート、さまざまなスタイルの春先に使えるアウターに合った着こなしの秘訣をご紹介。ミニマルな着こなし方を実践して、おしゃれな春スタイルを楽しみましょう。

スプリングコートを着る時期ってどれくらい?
少し暖かくなってきた頃に活躍するスプリングコート。でも、いつからいつまで着るものなのか、実は悩んでいる方が多いのでは?寒さを感じる3月では、スプリングコートではまだ寒い。でも春ファッションに早く切り替えたいですよね。着はじめの目安は気温で言うと15℃ぐらいになった時期から梅雨どきまで。ただし、ライナー付きのスプリングコートなら、早めに着はじめてもOK。まだ寒さが残る時期なら、ブーツを合わせて着るとよいでしょう。

春のコートといえばトレンチコート

トレンドにかかわらず、永遠のベーシックであり王道のファッションアイテム、トレンチコート。定番アイテムながらも、実はまだ持っていない! そんな方が意外と多いのです。今年の春こそ、ずっと使える1着を探して、トレンチコートを活用しましょう。
まずは退屈なコーディネートにならないための、この春のトレンチコートの着こなしのコツをお教えします。
ベーシックなトレンチコートは、堅い印象にならないことが大事。特にワークスタイルでトレンチコートを着るときは、シルエットのきれいなパンツを選んでスマートな印象にしましょう。ここで注目したいのはモード&カジュアルなスタイル。
パンツにモノトーンを選び、トップスもホワイト系ですっきりとまとめます。そこで付け足すのはカジュアル感のあるアイテム。春カラーのスカーフや大きめビジューネックレスなどで、堅い印象を崩しましょう。
足元は、やはり女性らしいヒールを履くと、メンズライクなトレンチコートを一気にフェミニンな印象に変えます。

次はプライベートスタイル。おすすめはデニムを合わせること。堅い印象のトレンチコートにデニムを合わせることで、一気にカジュアル感が出ます。足元はフラットシューズやスニーカーでも素敵です。また春にはくるぶし丈のブーティもよく合います。

まだ肌寒い春にトレンチコートを取入れながらも、あまり重たくない春らしいコーディネートに見せるのがポイントです。そのためには見えるボトムにホワイトやパステルカラーのパンツを合わせる、春らしいウィークエンドファッションにしましょう。

008709f3.jpg

square/スクエアー ジップ使い ショートトレンチコート

夏も活躍するジャケットタイプ、梅雨期に便利な撥水加工付コート

カジュアルなショート丈のジャケットタイプは、長く着られるのでとても便利です。夏に室内の冷房対策としても使え、一着は欲しいアイテム。活躍する場面も多いので、ベーシックなベージュや、ホワイト、カジュアルなカーキなどを選ぶと、コーディネートしやすく夏場でも使えます。

151703c1.jpg

イタリア製生地 タフタキルティングジャケット

また、注目したいのが、梅雨どきに活躍する撥水加工が施されたもの。最近、おしゃれなデザインが続々と登場し、スプリングコートとしても使えて、とても人気があります。長引く梅雨は、おしゃれもしにくく憂鬱ですよね。おしゃれが楽しめるスタイリッシュなレインコートを選んで、春から活用するのはグッドアイデア!使いやすいトレンチコートのデザインや、フード付のカジュアル感あるジャケットタイプなど、スタイルもカラーもたくさんあるので、春・梅雨兼用に活躍すること間違いなし。
スプリングコートと聞くと、あまり着る時期がなさそうなイメージですが、ベーシックなデザインやカラーを選ぶと秋まで使えてとても便利。トレンドのモードスタイルと、ぬけ感のあるカジュアルをミックスして、大人のコーディネートを目指しましょう。

151706c1.jpg

はっ水加工 ポケッタブルコート

文:フレシュラスともみ Tomomi Flesuras

日本のアパレルメーカーにて長年広報を担当。結婚を機にカリフォルニアに移住後はフリーランスでライター業をしています。一児の母で、今でもファッショニスタな30代後半、大人女子。

関連記事