大人のブーツ術。秘訣はカジュアル&シック

冬のマストアイテムは、やはりブーツ。ベーシックなロングブーツをはじめ、ボヘミアンブーツ、ブーティ、ムートンブーツなど、おしゃれにブーツを履きこなすワザをご紹介。頑張りすぎないカジュアルシックスタイルに、ブーツで大人のおしゃれ度をアップさせましょう。

冬の定番中の定番!「ロングブーツ」

冬のマストアイテムである、シンプルなロングブーツ。細身のパンツをブーツにインして履くスタイルは、下半身をすっきりと見せる効果もバツグンです。

デニムをインするカジュアルスタイルには、ジャケットを羽織り、大人らしいカジュアルシックにまとめましょう。逆に、ブラックパンツなどシックなボトムでインする場合は、トップスにカジュアルなシャツやトレンドのオーバーサイズのポンチョなどを合わせて、カジュアルダウンするのがポイントです。

ロングブーツのコーディネートは、全体のバランスがよく見えるのがなによりうれしいですよね。冬はアウターが厚手になるため、どうしても上半身がボリューミーになりがちです。ロングブーツですっきりとまとめ、大人のカジュアル&シックなスタイルを作りましょう。

さらにカジュアルに楽しみたい方には、カラーパンツなどを合わせるのもよいでしょう。その場合は、トップスはホワイト系のシンプルでシックなものを選びましょう。

「ボヘミアン・ブーツ」でヌケ感を楽しむ

ファーコートなどの個性的なアウターやトップスとも相性抜群で、おしゃれ上級者に人気のフリンジ付きボヘミアンブーツ。週末のお出かけなど、カジュアルダウンしたヌケ感のあるコーディネートにおすすめです。

デニムとも相性がよく、トップスがシンプルでも、フリンジ付きのブーツなら十分インパクトがあるので、コーディネートも簡単です。オーバーサイズのコートに、ショートタイプのボヘミアンブーツを合わせるコーディネートもイチオシです。

989402c1.jpg

 Koolaburra/クーラブラ フリンジブーツ

意外とカンタン、足首丈の「ブーティ」

難しいと思われがちなのが、足首丈のブーティ。しかし、実はこれだけでコーディネートにメリハリを付けてくれるので、おしゃれ度アップ効果はバツグンなのです。

トレンチコートやチェスターコートとも相性がよく、いつものベーシックなコーディネートも、ブーティでエッジの利いたモードスタイルに仕上がります。

少しカジュアルダウンしたコーデには、スエード素材のブーティがおすすめです。春夏にはカジュアルなTシャツやショートパンツと合わせてもよし、秋冬はカジュアルジャケットとデニムに合わせてもよし、シーズンを選ばず履けるのも利点です。

R46046c1.jpg

メタル使い スエード ブーティー

 

シンプルなコーディネートでも、存在感のある足元になるので、おしゃれ度もアップ。ラフになりすぎず、大人らしい足元にまとまる、便利なアイテムです。

幼くならない、大人な「ムートンブーツ」

毎年人気のアイテム、シープスキンのムートンブーツ。暖かみのある足元でカジュアルなブーツの代表格ですが、ひと味違う大人の履き方をしたいものです。

まずは色。ブラックやグレー、ベージュなどベーシックな色味を選択するとよいでしょう。さらに、ここでポイントなるのはバッグです。レザーで高級感のある大人バッグを合わせることで、若い印象のムートンブーツを大人らしく履くことができます。モードなブラックコートに合わせるのも正解。メリハリのあるスタイリッシュな着こなしを意識することがコツです。

ブーツでフォーマルスタイル?

パーティシーンのフォーマルスタイルで、おしゃれ度アップのブーツスタイル。レザーのワンピースやスカートに、モードなミドルブーツやブーティを合わせた、クールなフォーマルも大人の着こなしとして注目です。また、フェミニンなツイードのセットアップにブーツなど、甘さとクールのミックススタイルも個性があり、上級者スタイルに。

ブーツは、単調なコーディネートを一発逆転でおしゃれにできる優れもの。様々なタイプのブーツを履きこなし、ワンランクアップのスタイルを楽しみましょう。

 

文:フレシュラスともみ Tomomi Flesuras

日本のアパレルメーカーにて長年広報を担当。結婚を機にカリフォルニアに移住後はフリーランスでライター業をしています。一児の母で、今でもファッショニスタな30代後半、大人女子。

関連記事