大人勝負服!「黒」×「ビビッド」

どんな時流でもマッチする万能カラー「黒」。品のある大人ファッションとして、ぜひ取り入れたいアイテムです。ダークカラーやモノトーンカラーのおしゃれが楽しめる冬の季節。黒だけでなく、あえて、ビビッドカラーアイテムを取り入れたファッションで、周囲にも新鮮かつ元気な印象を与えましょう。定番カラーの黒だからこそ、さまざまな色彩との着こなしバリエーションや相性は無限大です。

黒が放つ色彩効果

黒を取り入れたファッションは、実年齢とは関係なく、堂々した強い意志をかもしだすものです。例えば「ここは絶対に譲れない」という交渉時の勝負服としては、黒を取り入れたファッションコーデは効果的。また、黒い服はやせてみえるだけでなく、肌を白く明るく魅せる効果もあるのだとか。
しかし「黒」だけでは、個性を主張するにいま一歩足りません。パーティーやイベント、仕事納めや仕事初めのフォーマルな場所など、さまざまなシーンで好印象な「黒」のイメージを脱出した「黒」×「ビビッド」のコーデを楽しんでください。おすすめの3つのテクニックをご紹介しましょう。

その1:アウターを脱いだときのギャップで印象づくり

コートのようなアウターは、ファッション性だけでなく、冬の寒さを防いでくれる機能性も重視したいところです。ウールやファーがついた黒いコートは、流行に左右されず長年重宝するアイテム。また、黒やグレーなどの落ち着いた色のコートを脱いだとき、ビビッドなピンクのカシミアセーターや、爽やかなブルーカラーのニットワンピースが現れると、ハッとした印象を与えるだけでなく、着こなしている自分自身の気持ちも元気に華やかになります。勝負服は最初の印象が肝心です。

988101c1.jpg

その2:チラ見せマジック

ただの黒ではちょっと地味……な感じになりがちです。男女問わず、相手に強い好印象を残すコーディネートは「チラ見せ」です。露出度が高い洋服で刺激する意味の「チラ見せ」ではなく、冬らしい重ね着の中で、ビビッドカラーをインナーファッションやアクセサリーに活かした「チラ見せ」テクニックを取り入れましょう。黒とコーディネートすることで、キラリと光る印象を与えます。ピンク、イエロー、オレンジ、ブルー、パープル……。好みの色のセーター、ショール、スカート、パンツ、アクセサリーなどにワンポイントで取り入れて、ビビッドカラーの「チラ見せ」マジックで演出しましょう。

その3:仕事にデートに重宝する黒いニットワンピ

女らしくも、カジュアルにも着こなせる黒いニットワンピなら、コートやマフラーなどのアウターアイテムに、どんなビビッドカラーを取り入れても相性抜群!バック、タイツ、ブーツなど小物を使って遊び心を取り入れることもできるので、1枚もっていると大変重宝します。

984802c1.jpg

黒を取り入れて冬の装いをシック&ゴージャスに

黒のワードロープは誰でも何枚かクローゼットにあるのでは? まずはトレンドの小さなポシェットやストール、ベルトなどでビビッドカラーを取り入れてみてはいかがでしょうか。差し色に鮮やかな小物を加えるだけで、いつものアイテムが、メリハリの効いた艶やかな大人コーデに大変身するでしょう。



文:山田陽子 Yoko Yamadaインドネシアの秘められた文化、アート、伝統、ライフスタイルを発信する「アカール・メディア」を運営。アジア各国と日本を行き来しながら、芸術、伝統芸能、文化を通じた、アジアと日本における国際交流のための、マーケティング、プランニング、編集、撮影、執筆業を行なっている。

関連記事