夏必読!サングラスの選び方

紫外線が強くなるこれからの季節。肌はもちろん、瞳のUV対策は万全ですか? 瞳のUV対策として欠かせないサングラス。せっかくなので顔まわりをおしゃれに見せるサングラスを選びたいものです。形やカラーの特徴を知ると、自分に似合うサングラスが選びやすくなります。今年はどんなサングラスで出かけましょうか?

フレームの形はどう選ぶ?

サングラスはメガネに比べて、フレームの形がバラエティー豊富なことも魅力。ファッションにあわせて形を選ぶのも楽しいでしょう。代表的なサングラスの形とその特徴をご紹介します。

ティアドロップ

ここ数年、高い人気をキープしているタイプです。ワイルドなイメージの形ですが、女性がつけるとセクシーな印象を与えます。眉から頬骨くらいまでの広い面積を占めるので、顔のイメージに大きく影響します。エッジの効いたファッションに合わせるのが王道ですが、あえてシンプルなTシャツに合わせても粋です。

オーバル

横長の楕円形がやわらかさと知的な印象を与えます。まぶたがちょうど隠れるくらいのタイプが多いので、サングラスの存在感が目立ちすぎません。実用的に使うには一番重宝する形です。

スクエア

四角いフレームがマニッシュな印象を与えます。正方形に近い形はバランスがとりやすいので、初心者にもおすすめ。横長のスクエアタイプは、個性的でファッションの中心になる存在感があります。

092040c1.jpg

「ABISTE/アビステ スクエアサングラス」

ラウンド

まん丸の形がファニーな印象を与えます。個性あふれるアーティストを思わせる風貌で、おしゃれ度の高い形です。エッジもパンチも効いたスタイルに仕上げたいときのスパイスに。

バタフライ

蝶の羽ばたきを思わせる、外側が幅広の大ぶりな形のサングラスです。女優のようなエレガントさとセクシーさをあわせ持つ、女性におすすめのタイプ。レンズの面積が大きいので、休日やノーメイクの際に素顔をカバーするときも重宝します。

CY9304c1.jpg

「PLANET SURF/プラネットサーフIR UVカットアイウェア」

レンズカラーの特徴

サングラス選びでは、レンズカラーも大切なポイント。レンズの色も目元や顔の印象に大きく影響します。無難なカラーを選んでいるつもりが、実は顔の印象を損ねている可能性もあります。レンズカラーの特徴を理解して、サングラス選びに生かしましょう。

ブラウン

レンズカラーの定番中の定番。肌色に近い色味なので、顔になじみやすく重宝します。青い光をカットすることから、実用性に優れドライブやスポーツにもおすすめです。

グレー

クールな印象を与えるカラー。ブラウンと並んで人気があります。レンズを通した色の変化が少なく、自然な視界に見えるのもメリット。強い日差しをカットする効果も高いので、アウトドアにもおすすめです。

パープル

神秘的でセクシーな目元に仕上げてくれるカラー。肌のくすみをカバーして、肌に明るさを与えてくれます。

ブルー

涼しげで爽やかな印象のカラー。視界が全体的に明るく見えるので、爽快な気分になれます。夜間のヘッドライトの眩しさを軽減する働きがあるので、夕暮れ以降のお出かけにも便利です。

顔型別似合うサングラス

サングラスはレンズの色が濃く、顔に占める面積も広いので、顔の印象を大きく左右します。それだけに顔型に合わせたタイプを選びたいところです。

丸顔

顔の丸さをカバーできるスクエアタイプがベスト。ティアドロップやバタフライタイプも、顔の輪郭をカバーする効果が期待できます。

四角顔

少し大ぶりなオーバルタイプでやわらかい印象に仕上げるのが正解です。ティアドロップやバタフライタイプは顔の大きさを強調して、ゴツい印象になる恐れがあるので避けた方がベター。

三角顔

スクエアタイプやオーバルの小ぶりなレンズが似合います。顔が華奢な印象なので、大ぶりのサングラスは顔とのバランスが悪くなります。

面長

基本的にはどのタイプも似合う、オールマイティーな顔型。ただしレンズのタテ幅が狭いと、顔が長く見えてしまいやすいので、そこを意識して選ぶと良いでしょう。

意外性を楽しむサングラスライフを! 

夏場でもサングラスを日常的に使いこなしている方は、まだまだ日本では多くはありません。ファッションと同じく、サングラスも直感で自由に試してみることが大切です。時には失敗しながら、自分に似合うタイプを見つけて、バリエーションを増やしていくのも楽しい経験になるはず。これまでつけたことのない、意外性のあるタイプが一番似合った、なんてこともあるかもしれませんよ。

 

文:平理以子 Riiko Taira

関連記事